Recent Posts

冬至ポイント3倍祭り!

 

 

早いもので、今年もこのお知らせを書く日が来ました。

今夜0時になりましたら、冬至となります。

 

 

 

古代から、農作物を糧に生きている人達にとって日照時間は生死を分つほど重要なことでした。
冬至は、減る一方だった日照時間がここを境に増えていくという、嬉しい日。
今でも世界中に冬至を祝うお祭りがあるそうです。


マアルも「冬至祭り」と題し、
毎年、みなさまと一緒に、これから日が少しずつ長くなっていくお祝いをしています。
 

 

今年は、

2018年12月22日0:00〜23日23:59までの48時間、

お買い物金額に応じて付与されるポイントが2日間、3倍になります!!!

 

 

今年の冬至は、ポイントが3倍になるだけでなく、
冬至らしい、好転の明るい兆しを感じられるような、
願いをたくさん込めた肌着 アンド トゥモローの発売日になります。

 

 

新年の肌着のご用意に、

冬じたくのほかほか衣料品の準備に、

ぜひこのお得な期間をご利用くださいませ。

 


 

アンド トゥモロー 特徴

締め付けず、肌に寄り添うマアルのインナーは、
擦れないように、糸やレースもオーガニックコットンで刺激を減らすようにと素材と形のこだわりを大前提にして作っています。

さらにアンド トゥモローは、「作る理由」にも書いたとおり、
より、低刺激と軽さにこだわった新シリーズ。

・つなぎ目をなくす

・軽くする
・伸び止めなどの化学繊維の助けを借りない、化学加工をしない。

つなぎ目を無くすために、
細かいパーツを接ぎ合わせる一般的な型紙ではなく、
プルオーバーも、ボクサーパンツも、1つのパーツから作りました。
(レースショーツは前後1枚)


縫い方も、
肌に触れる側のロックミシン(ジグザグ縫い)を無くし、フラットになる様、生地端を織り込む、あるいは包むなどして
直線縫いで仕上げてあります。



プルオーバー丸首のわき
 



レースショーツの足ぐり


ボクサーパンツの足ぐり


ロックミシンをほとんど使わず、
職人さんが1着1着低速で縫うこだわりなので
比べ物にならないくらい時間がかかっています。

試作に大幅に時間がかかり、三重県の縫製工場さんの協力のもと、
なんどもなんどもトライし、

ようやく、皆様にお渡しできる目処がたちました。





生地の軽さと縫い方のこだわり。

裸でいるより安心する、裸でいるより体が軽い、そんな1着になることを願っています。


いろいろ作りたい気持ちを抑え、厳選した基本の3着。
1年中使えるものからはじめました。
長袖にすると、1パーツで作ることが出来なくなるし、
パッドポケットをつけると内側に縫い目が出来てしまう。
ですが、いつかはこれらも手がけていくつもりです。

 

 

まずはこちらの3着から始まります。


・プルオーバー丸首

・レースショーツ

・ボクサーパンツ



特設ページも完成しました。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

blog/
アンド トゥモロー 「あわいのような」プロローグ 12/19
アンド トゥモロー 作る理由  12/20

アンド トゥモロー 特徴

 

アンド トゥモロー 作る理由

アンド トゥモロー 新シリーズが12月22日冬至に発売を迎えます

ちょうど30才になった頃、全身のアトピー性皮膚炎を発症したことがマアルの肌着づくりに繋がっていることは
ホームページの「マアルのはじまり」にも書いてあるとおりです。

形のこだわり、
素材選びのこだわり、

常に念頭においています。


新月ショーツ、満月パンツ、タンクトップ、最近ではキャミソール。

これら定番の形に、

バリエーションとして春夏秋冬シリーズのように色を楽しむものを作ったり、
限定商品BLACKのようなお楽しみができるのも、
デイリーユースとしてマアルの肌着を選んでくださるお客様が増えたからです。


毎日の肌着。

色や織りの違いでテンションがあがったり、気分が変わったりできることも大事だと思っています。

いっぽうで、

ここ3年ほどはだいぶ落ち着いていますが、
体調や季節の変化で症状がぶり返し、
マアルの肌着ですら裏返して着ることもありました。

首から鎖骨にかけての症状が特に酷く、
薄皮1枚全部めくれているような時も。

そう言う時は、患部が熱くて火照って、
眠ることすらなかなか出来ないものです。

店頭にお越しくださるお客様の中には、数々の症状を抱えていらっしゃる方も多く、
肌トラブルはなくても、

圧迫感で息苦しさを覚える時期がある、
身体がだる重く、重力が人の倍かかっているのではと感じている、
病気にかかり、手術、そして回復までの間にも、今までなんとも思ってなかった下着が辛い、

といった、数々のお声を耳にします。


人生、いろんな時期がある中で、
「とにかくほっと、とにかく少しでも刺激が少ない、重みが少ない」ことを求める人たちにむけて、
さらなるマアルの肌着を作りたいと思いました。

2016,2017の春夏秋冬シリーズを今年1年お休みしたのは、
これがあったからです。

本当にお休みしてよかった。。。

というのは、想像以上に柔らかい生地で、
試作と再テストが続き、実は発売予定から4ヶ月も遅くなってしまいました。
それがようやく、冬至の日、お披露目の目処がたちました。

※詳しくは商品ページでご説明致しますが、
これまでのマアル肌着以上に、1着ずつの縫製に大変時間がかかるため、お渡しは来年1月後半となります。
ご了承ください。

 


 

 

blog/
アンド トゥモロー 「あわいのような」プロローグ 12/19
アンド トゥモロー 作る理由  12/20

アンド トゥモロー 特徴

 

 

 

 

アンド トゥモロー「あわいのような」プロローグ



あなたを守るベールになりたい

そこにいるような、いないような。


 肌が辛い時、
 衣類の重みを感じるくらい体が重い時、


 ヒリついて、
 眠れなくて、
 熱くて、寒くて

 そんなとき、私と、外界の間 あわい(あはひ)に、安らぐベールがあれば、
 少しずつ眠れる時間が増え、
 少しずつ痒くない時間が増え、

 すると好転のほうへと歯車が回りだす。

少しずつ。少しずつ。

 明日へ繋がる肌着を作りました。




---
アンド トゥモロー
 12月22日冬至の日に発売します。

 発売まで、その想いを綴ってまいります。

 

白島店ありがとうございました

本日の白島店の店長が書いたブログから。

 

同じ気持ちです。

 

前から最終日のことを考えると胸の奥がなんどもギュッとしていましたが、

閉店ギリギリまで笑顔のお客様が次々いらしてくださり、

気づけばこちらも皆、笑顔笑顔でした。

 

 

白島店メンバー。

自社マアルの直営店ながら、私自身、遠方の出張から戻り、カランコロンとドアを開けると家に帰ってきたような安心感がありました。
それもこれも、このメンバーが守ってくれていたおかげです。

お客様へ、そしてメンバーへ、たくさんの「ありがとうございます」に満ち満ちて、

新しいマアルに進んでまいります。

 

 

 

広島の皆様、

そしてネットショップやお取り扱い店舗様を通じての全国のマアル肌着をお使いくださっているお客様が

お越しくださるマアルの拠点を目指し準備をしていきます。

 

 

 

今後ともどうぞよろしくおねがいします。