Recent Posts

マアルの<パッドポケット付き>タイプが好きな理由

マアルのタンクトップとキャミソールは、

ほとんどのものを「パッドポケット付き」と、「パッドポケット無し」の2種類作っています。

 

「パッドポケット無し」は、ブラジャーをする人だとポケットは不要だから、という理由で作っているのですが、

こちらをお求めになる方は少数派。

 

 

圧倒的に、「パッドポケット付き」タイプをお求めいただいています。

 

 

そうだよなぁ。

マアルのパンツが好きな人は締め付けが苦手な方や、肌が弱い方が多い方も多いでしょうから、

普通のブラジャーは苦手、という方が多くて当然かもしれません。

 

(↑これは裏返した状態です)

 

 

パッドポケットは、締め付けるどころか、肌からポケット下が浮いているような状態の作りになっています。

 

これが、マアルの「パッドポケット付き」が愛される大きな理由のひとつ。

 

猛暑だった今年、

ブラジャーのワイヤーや、胸下の締め付けで汗ばんだ肌に擦れてカブれてしまい、大変だったという声をよく聞きました。

 

マアルのパッドポケット付きは、表生地とポケット、合計で胸の部分に3枚同じ生地が重なっているので、

「暑くないか?」と聞かれたら「暑いです^^;」と答えています。

 

 

けれど、汗が溜まって擦れる、ということがないので、

私は着ます。

 

糸もオーガニックコットン100%にしてあるので、肩とか脇とか、いろんなところの刺激が楽なんです。

 

 

これから空気が乾燥してくると、また同じ理由で、

この「パッドポケット付き」の良さを痛感していただけると思います。

 

 

 

杢グレーのタンクトップ生成りの次に、いや生成り以上に今年は着ています。

 

発売からまだ1週間、ライトピンクのキャミソール(パッドポケット付き)も、新月ショーツとの上下セットばかり出ています。

(既に品薄、、縫製さんにもう次の生産を依頼しております、こんなに早く再生産に入るのはすごいことです)

 

 

 

外から見ると「普通」のタンクトップなのですが、

じわじわ、じわじわ、発売から6年かけて今やショーツと上下で着てくださる方が多くなったのは、

この良さが少しずつ伝わったからかな。

 

 

この夏、初めてマアルのショーツをお求めくださった方には、

一度「生成りのタンクトップ(パッドポケット付き)」から身につけていただきたいなぁと思います。

 

すると生地のふわふわさを上下で味わっていただけるし、

締め付けのない肌着ライフが体感できるから。です💕

 

 

 

どちらがお好き?タンクトップorキャミソール

マアルをスタートした約2年後に、半年以上の試作を繰り返し完成したタンクトップ(パッドポケット付き)を発売して以来、はずうっと「タンクトップ」オンリーでした。


それが昨年、ようやく春夏秋冬シリーズで「夏 ひかり」で、ようやく「痒くなくて気持ちいい」キャミソールを発売して以来、

秋 みちる」でもキャミが登場。

 

いずれも限定商品だったため、

今年はとうとう、春に「杢グレーのキャミソール」を定番商品として発売しました。

 

 

私も「ひかり」と「みちる」のキャミを持っていて、この春もかなりの頻度で着ていたため、

お次は杢グレーのキャミが欲しくてたまらないのですが、

あまりの人気で常に品薄なので、まだ買えずにいます(笑

(試作段階ではなんども着用したので良さはよく知っているだけに余計欲しい)

 

 

マアルのキャミソール(パッドポケット付き)は、ブラをしなくてもいいので、

肩の部分はオーガニックコットンの共布で作った紐オンリー。

 

これがこの夏、楽チンで本当によかった!

 

(↑「秋みちる」 のキャミソール(パッドポケット付き)はLサイズがまだ少しお求めいただけます)

 

普通のキャミは紐だけに布の重みがかかる分、生地の刺激がダイレクトで私は痒くなって身につけることができなかったのですが、

マアルのキャミはそれがなく、優しい。

 

金具を使わない分、調節ができないので、肩から紐がズルズルと腕の方にずれていかないようにと、

できるだけ内側のほうに肩紐を取り付けてあります。

 

 

普段、ヘンリーネックシャツを生地種類違いに「これでもか!」と着ているので(笑)、

襟元からいい具合に覗くキャミが便利です。

 

 

 

 

 

ライトピンク。

発売以来、びっくりするような人気で、事務所は出荷待ちのライトピンクに包まれていますが、

キャミソールと新月ショーツの上下セットのご注文が一番多いです。

 

お求めになった方は、ぜひ身につけて鏡でご自身を眺めてください。

肩が華奢に見えます。

ライトピンクの色も相まって、顔色がよく、ふわっと上がる、キャミソールです。

 

 

 

じゃあタンクトップはいらないのか?

いやいや、これがまた不思議なことに、キャミを着て、翌日タンクトップを着ると、

安心感でほっとするんです(笑。

 

 

マアルスタートから9年目、新しいキャミソールの魅力、そして長年選手のタンクトップの良さにも気づく日々なのでした。