Recent Posts

【今も残る日本の手工業。途絶えてしまうと簡単には戻らないもの】

 この動画は、一昨年、マアルのWガーゼ茜を織っていただいている富士吉田市の前田源商店さんを訪れた時、近隣に点在する工程ごとの小さな工場を回り、見せていただいたもの。

 

茜に染めたオーガニックコットンの糸の枷(かせ)を、 糸巻きに巻いていく工程です。

 

すでにこの工程は電動に取って代わっているそうですが、 この前までこうやっていたし、こんな風にするんだよー。と
70代でしょうか、お元気そうなおばあさんが教えてくださいました。
女性の仕事で、 お母さん、おばさんがするのを子どもの頃から「目で見て覚えた」とおっしゃっていました。
一朝一夕にはとても身につけることができない技術。

 

日本中の繊維業界で今、こうした技術がどんどん消えていっています。
機械化して続いていく場合もありますが、 多くは賃金の安い海外製にかわり、 工程ごとに支えている小企業が閉鎖を余儀なくされています。
マアルの肌着は日本製。

縫製だけでなく、レース、生地を織るといったところも日本の小さな工場さんに支えていただいています。
 

あと10年経っても、今お世話になっている工場さんたちと一緒に 大事な肌着を作りたい。
 

本気でそう思っています。
それは小さなマアルだけではどうにもならないことかもしれないけど。。。
 

1枚1枚のパンツが 何工程もの、何社もの方々の連携でできていることをこうしてみなさまに知っていただきたいです。


-----

広島 @marru.sou では、930日に前田源商店の取締役、前田富男さんにお越しいただき、
オーガニックコットンのこと、 こうした日本の現場のこと、織物のこと、いろいろお話し聞かせていただきます。
 

9/30(月) 10:15〜  coyashi企画「優しい’コットン衣類ってなんだろう?」
参加費800円+税

詳細をお読みの上、お申し込みください
 

男女兼用に。私のNo.1満月パンツは久留米絣グレードット

今月は満月パンツ クローズアップ月間。
次々とスタッフたちが「お気に入り満月パンツ」「満月パンツが好きな理由」などアップしておりますが、
わたくし櫻木の「満月パンツ No.1は、

久留米絣グレードット」です!
(はい、スタッフ数人と被ってます 笑)

この生地の、他に類をみない「独特の」良さは、本当に履いていただかないとご理解できないかもしれません。
私自身も、
福岡県八女市の下川織物さんに無理言ってオーガニックコットンで下着用に特別の久留米絣を織っていただき、
その途中はもちろん打ち合わせやサンプルアップもしていたので、
いいものになるぞと思っていたものの、

実際満月パンツの形になり、洗濯と着用を繰り返せば繰り返すほど、

「こ、、、これは限定企画ではなく、定番にしなければ」と手放せないものになってしまいました。

季節は冬だったのですが、意外なほど温かいんです!
さらに夏になると、「こんなにさらりとするんだ!」と驚きました。汗をかいても肌にはりつかないので、
とても爽やかです。

生地のこだわり、制作工程についてはぜひこちらの特設ページをお読みください。

【 marru original 久留米絣 】

満月パンツは、タイトルに書いたように、
最近男性のお客様もお使いくださるようになってきました。

男性用といえば「太陽パンツ」がありますが、
ウエストベルトをあえて太めのものにしているので、


(↑太陽パンツ 久留米絣グレードット のバックスタイル)

「もっとベルトが柔らかくてゆるいものがいい」という男性は満月パンツを好むようです。



満月パンツ 久留米絣グレードット のバックスタイル

お尻を包む形は変わらないし、フロントも男性が使っても問題ありません。

ただ、サイズ選びに関しては、太陽パンツのMをお使いの方は満月パンツのL、というふうに、1サイズアップされるとちょうどいいようです。
満月パンツがゴム交換できる点も、男性が満月パンツをお選びになる理由で挙がっています。
(太陽パンツはゴムねじれを防ぐため、ゴムと生地を縫い止めていてゴム交換ができないんです)


久留米絣シリーズに限らず、
満月パンツを男性が使うのは同じようにオススメです!

8月中は、満月パンツ単品が会員様ご優待価格になっています。

3ヶ月かけて完成するこの「久留米絣グレードット」、この機会にぜひ1枚お使いになって、
私たちと同じくどっぷり、
このパンツ手放せないわー!メンバーになってください。


追伸:気になっているけどお値段が、、、と言われることもあります。
手間と素材を考えればこれでも限界値なのですが、
この満月パンツ久留米絣グレードット、わたしもスタッフも、ヘビロテしつつ3年使っています。
この丈夫さも絣の魅力ですよ。
 

8月は満月パンツにご注目!

あっという間に今日の日付は8月4日なんて。。。

 

FBやinstagramではお伝えしておりましたが、今月はまだメールマガジンも書けていないし、遅くなってすみません。

満月パンツが8月1日から1ヶ月間、クローズアップして参ります!

 

(出張時、旅行時にもっともオススメなのは満月パンツの久留米絣グレードット。乾きやすいし、汗離れ最高です!)

 

会員様はご優待価格でご購入いただけるようになっています。

必ずログインしてからカートに入れてくださいね。

 

先週後半、東京へ出張してきたのですが、

東京都心のラッシュ時の暑さは凄まじいですね。

乗り換えで歩き回り、汗が吹き出したまま満員電車に押し込まれた時、

意識のスイッチ切らないとやってらんないよ。。という感じでした。

 

7月の長梅雨と、いろいろで久しぶりに顔の一部と首にアトピーの復活予兆がしていたんですが、

この1週間で一気に来ました。

敏感になっていた皮膚に汗がついてカブれた状態に。

あぁあぁ。

なかなか神様はこれを終わり、にさせてくれないなぁ。と思いながら、

まだまだこの症状によって発見があるんだろう、と

あれやこれや、得意の人体実験しつつ達観しております。

 

しかし改めて思うのは、

私の場合、症状が出るのは外に出ている顔と首、そして肘の内側なんですよねぇ。。

 

肌着に包まれているところはもうすっかりトラブル無し。

 

アンドトゥモローの首用の肌着が欲しい。

 

話がそれましたが、

それだけ、マアルの肌着はいろいろな刺激から守ってくれているんだなぁと思います。

 

ここ猛暑、パンツ環境を変えるだけでトラブルになりにくい人もたくさんいらっしゃると思います。

ぜひこの機会に、開放的な満月パンツをぜひお試しください。

 

スタッフ達と満月パンツについてblog等々でクローズアップしていきますのでこちらもぜひお読みいただけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

太陽パンツが人気です!


嬉しい、本当に嬉しいことに、発売してまだ3週間足らずの太陽パンツ新色が人気です。

先日の中川政七商店ルクアイーレ店さんの店頭で拝見していると、
若い20代の男性から、50、60代の男性まで世代問わず手にしてくださっていました。

<関西の方へ>
M,Lサイズのサンプルを置いてます。7月23日まで開催していますのでぜひ手にとってお確かめください。
http://sakuragiblog.marru.net/?eid=81 


すっとお求めになる人、じっくり見て「今度にしようか(心の声)」と検討される方、様々ですが、

それでも今までの反応とは違う!

今までは、知るひとぞ知る、探している人が見つけ出す、そんな宝石のような?存在だったし、
店頭でご案内すると失笑混じりだったりとか、
私にしてみると「何故このかっこよさが伝わらぬ、、」という感じだったのです。



新色の2つは、それぞれ微妙にトーンの違う3パターンずつ染めテストをしてもらい選びました。

今までの販売数から考えて、1反ずつ染めてもらったのですが(それでも随分先まであるんじゃないか、と)、
なんと、先日縫製さんから連絡があり、生地が足りなくなりそうということでしたので
早速追加でオーガニックコットンを染める作業に入りました。


嬉しい誤算です(笑)!


下着の蒸れにお悩みの方、
これ!というパンツをお探しの方はぜひお試しください。
今月中は会員登録すると10%OFFです。


落ち着かないかと思いきや、いいポジションに落ち着くからびっくり、という声も届いています。


相変わらずメンズからのレビューはポイント倍期間なのになかなか届いていませんが、
ぜひこの機会に太陽パンツのご感想を商品ページから書き込んでくださいませ。



 

ゴミにならないパッケージ

2016年からスタートした春夏秋冬シリーズも今年がLast year.

フェアトレードのオーガニックコットン布に、
季節ごとのテーマに沿って画家の春日千尋さんに描いていただいた絵をプリントし、
草木染めした肌着を包むという取り組みも3クール目となりました。

 

年々包み方が難しくなっているようですが、
さすがmarruのベテランスタッフ、
年々包む時間が早くなっているんだなぁ、と動画のTIMEをみて気づきました。

以前はどうしても1分を超えていたので、50秒程度にするために編集していたんです。

今はノーカット。


 

春日さんの絵、
オーガニックコットンの布、
包む人の愛。
 

「ゴミにしないで」と言わなくても、お客様は肌着同様、大切に使ってくださっている。
絵が、季節とともに巡る様子もわたしは大好き。

毎回、季節ごとに描いてくださっているので、まだ秋の絵を私はもちろん、春日さんご自身も知りません。

 

落ち綿の紐をほどくときのドキドキわくわく。

この素敵なパッケージは

coto.toco 矢吹菜美さんデザイン。

 

包む様子を一番下にアップしていますのでぜひご覧ください。

春夏秋冬 春 耕

 

 

春夏秋冬 夏 開

 

春夏秋冬シリーズは、画家の春日千尋さんに毎回コンセプトごとに描いていただいた絵をプリントしたオーガニックコットン布で包んでいます。 紐は奈良県で落ち綿から作られたものです。 この布、洗濯もできますので、お手元に届いたら何かしらのかたちで捨てずに使っていただけると嬉しいです。 マアル事務所で包む様子をご覧ください 春夏秋冬 夏 開(ひらく) 7月7日(日)小暑 午前10時発売 #もうすぐ発売 #マアル春夏秋冬 #オーガニックコットン肌着 #宝島染工 #春日千尋 #草木染め #キャミソール #夏開 #marru #organiccottonunderwear #botanicaldye #naturaldye #ethicalfashion #marru #madeinjapan #camisole #zerowaste #zerowastepackaging

marru マアルさん(@marru.jp)がシェアした投稿 -