Recent Posts

お店巡り休日 minetteさん10周年

 

 

無精を自負している。それも結構重症の。

 

少ない休みの日は、家で完全な親父になっているかリラックスウエアを着て。昨日ブログに書いたばかりw)、映画館か、本屋かコーヒー店で本を読んでいるか。

 

だが今日は「行きたい」ことが重なって、近年稀にみる「行動派」でした。笑

 

minetteさん。

今日で10周年だそうです。

いい感じの文房具が欲しくなると広島ではここに伺います。

si-si-siのお洋服や、アクセサリーもあって、いくつか持っています。

 

マアルの白島店から徒歩で3分くらい。

 

今から約8年前、ネットショップを開くにあたりチンプンカンプンだったので、広島市が運営するネットショップ起業家を作る「アキハバラ塾」(名前、、当時の秋葉市長にちなんでつけたそうです)の塾生にしてもらいました。

何代か先輩に、その頃白島の別の場所でお店をしていらっしゃったminetteさんがいらっしゃり、

よくお邪魔していろんなことを教えていただきました。

 

今思うと、迷惑な人だったろうなぁと本当に反省です。

塾生同士は情報を共有するというルールがありましたが、何の情報も無かった私は、教えてもらう一方でしたた。。。

 

 

10周年の今日は、素敵なお着物姿でいらっしゃいました。

そのお姿はこちらのminette0702さんインスタでご覧いただけるようです。

 

10周年記念の可愛い置物などなど、いろいろありましたよ。

お買い物金額に応じた10周年ノベルティも。

 

 

 

 

 

 

それから、

「近藤祥子withときめきトゥデイ!」へ。

 

今日9/15から30まで、

ニューオダ理容室(MIRROR)

READAN DEAT

傘のフクマ

の3店で開催されている、画家の近藤祥子さんの展覧会。

この3連休は「ノークレーム似顔絵」もあって、大賑わいの模様。

 

 

 

まず今日は、ニューオダ理容室さんと、READAN DEATさんに行ってきました。

展示されている内容、店舗によって違っていて、

さらっとみるつもりが結構じっくり、になりました。面白かった!

READANDEATさんで見た、近藤さんの絵に添えた文に、私は打たれました。

 

 

これ以上はネタバレになるので控えますが、

あともう1店、傘のフクマさんへお伺いするのが楽しみです。

 

今回のイベントのグッズに加え、

オダさんでもREADANさんでも、また本を買ってしまった。

今私が欲しいもの、それは本棚です(誰も聞いてないか w)。

 

 

こうして回ってみると、どこも暖かくてこだわりがあって、いいお店が広島にはいっぱいありますね。

リラックスウエア親父休日を改め、もう少し出かけてみよう、と思ったのでした。

 

 

 

 

 

 

旅はじまる

ここに携帯で撮った写真を貼り付けようとしているのですが、なぜか90度回転してしまう。。。
まだ新しいブログのテンプレートに慣れないでいます。



一昨日から始まった出張、
ここから年末まで、
東京、福岡、金沢、名古屋、栃木、奈良、東京、大阪。

と、広島と各地を行ったり来たり繋げて移動したりの旅人生活が始まります。




皮切りの今回の旅も、
これからお付き合いが始まる方々とのご挨拶や打ち合わせと、
ずっと日常的にお世話になっている会社さんと、複数お会いしてきましたが、


言葉にすると陳腐だけれども、ぎゅぎゅぎゅとありがたいご縁を感じています。



マアルに関わってくださっている人たちを、
皆さんにひとりひとり、ご紹介したくなるほどです(シャイな方々もいるので実際には難しいでしょうけれど)。



昨夜ご一緒した人からのキーワード「ご機嫌な人と仕事をしたい」
本当にそうだなぁと思いました。



礼儀を持って、背筋を伸ばして、真面目に、明るく、優しく。


ご機嫌というのは、考えなしで調子がいいのとは違います。
いろいろ含み合わせた上での「ご機嫌」と受け取りました。



今朝、ビジネスホテルに朝食がついていたので、期待せずにレストラン会場へ行きましたら、
品数は少ないけれど、
ひとつひとつがとても丁寧に作られていて、「ちゃんと」していました。
お味噌汁も美味しかった。

ヨーグルトにかけるブルーベリーソースも手作り。

「おはようございます」「いってらっしゃい」

スタッフさんの控えめで気持ちのいい挨拶に、朝からますますご機嫌になりました。


真面目な仕事は、人をご機嫌にさせてくれますね。



いい気持ちの連鎖。
意識して旅をしていきます。
 

 

Have a good day!

 

 



告知もいっぱい続きます。

詳しくはここブログでもアップしていきますが(まだ何もかけていない事にちょっと焦る)

大まかにはこちらにアップしております。

 

お、近くに来るじゃーん、ってことがございましたら、ぜひお会いできますように。




 

「決める」練習

数日前の「ほぼ日」で、誰しも若いうちに「決める」ことを練習しておくといいよね、という記事があった。

私の脳内で記憶したものなので、違ったものになっている可能性が限りなく高いが、

 

--------
全員といつまでも答えが出るまで話し合っているわけにもいかないこともあるし、
いくら話し合ったところで答えが出ないこともあれば、
意見が別れることもある。


でも進んでいくために、なんらかのことを「決めなくてはならない」とき、
「決める」と
決めたことについて横暴だとか、自分のいいように、とか、誤解されることだってある。
それでも「決める」。
誰かが決めなくちゃならないから。

 

さらに、決めたことには責任が伴うし、責任を負う。

そういう「決める」練習を若いうちから(学生の頃からって書いてあったかな)しておくと、
決めない側にいる時に、決めた人のことも理解できるようになるし、
決めた人に対して無責任な文句を言わないようになる、
決まったことに協力していこうという気持ちにもなる。
自分が「決める」ほうにも、なるんだから


------------
というような(糸井さんすみません)感じのことを書かれていた(ように、思う)。


本当に、そうだなぁと思う。

 

 

このことについて、読んでからちょいちょい考えている。

 



私は子どもの頃、何も「決められない」子で、
レストランで注文を決めるにも、
公園で何をして遊ぶのかも、
決めてもらって従うほうがよっぽど楽だった。

決めてもらうのは、楽。

 

「鬼ごっこのほうが面白かったんちゃう?」と文句を言われるのは、嫌。怖い。



どういう運命のいたずらか、
大なり小なりの「決める」ことが日常のようにある人間になった。


ここ10年での一番大きな「決める」は、やっぱり離婚で、
それを超える大きな「決める」は今のところまだ、ない(そんなことがいっぱいあったら身がもたない 笑)


マアルが株式会社になるときも結構な「決める」だったけれど(不眠症になりかけた:1ヶ月くらいだけど)、
やっぱりアレを超える「決めるは」なかなか。

 

 

「決める」練習があまり出来ていなかったから、

いきなり泳げないのに足がつかないプールに落とされて、泳ぎを覚えるくらいの「決める」だった。


ハナレグミの「さよならカラー」にはあの頃本当にお世話になった。
歌詞のひとつひとつが自分のためにあるような気がしたもんです。
みんなそう思うように。


時が2011年、やはり311もものすごく大きな「決める」に向かったきっかけになった。
もう十分長い日記が、これについて書くとさらに倍になるので、
今日はやめておく。
 

 

「決める」練習の積み重ねと、

「決める」ための、きっかけを大事に捕まえること。


 

さて、明日「ライトピンク」がいよいよ発売。

 

 

メルマガも準備したし、

事務所でアベさんがライトピンクの新月ショーツを綺麗にパッキングしているシーンを動画に撮った。

商品ページは、あとは10時にカートを開けるだけです。

 

眺めているだけで気持ちがフワン💕となるライトピンク。

身につけてくださる人たちもウフフとなりますように。

 

 

 

そしてわたしは、「決める」について
改めていろいろと考えている8月の暮れ。