Recent Posts

いろんな入り口

 

この1ヶ月で3名のお医者さまと、個別にお会いする機会がありました。


皮膚科、小児科、内科。

いずれもマアルの肌着に興味をお持ちいただいたので説明を、ということでお会いしました。
そして3院ともにカタログやサンプルを置いていただくことになりました。

既に置いてくださっている病院の待合室で、マアルのカタログを見たので来ました!というお客様が
早速白島店にご来店してくださり、喜んで肌着をお求めになりました。


嬉しい流れがあります。

本当に嬉しいです。



待合室でお待ちになっている間、

きっとしんどかったり、治療法を求めていたり、いろいろなご状況だと思います。

 

マアルの肌着を初めてみて、

わぁ、なんじゃこら、と思ったり(笑)、

わぁ、柔らかい!と思っていただけたらOK!

 

それまで考えつきもしなかった方法、

「下着を変えてみる」

そして、

 

圧迫感が減り、下腹部が楽になったり、

擦れないようになって、カイカイが減ったりするかもしれません。

巡りがよくなり、よく眠れるようになるかもしれません。

 

 

 

いろんな入り口で、マアルの肌着を知っていただけたらと思っています。

 

 

 

そして、初めての入り口。

皮膚科系の学会で展示してみることにしました。

 

(向かう先は会場の春日野国際フォーラム。行く手を鹿に阻まれつつ、出来てたてほやほやのフライヤーがずっしり入ったスーツケースを引きずりながら設営へ。)

 

日本皮膚免疫アレルギー学会の全国総会が今年は奈良で開かれます。

 

 

周りは医療機器や製薬会社さん達が並んでいます。

 

「アウェイ」感が否めませんし、

毎年出ている助産師学会全国集会と違って知り合いもおらず、

実は心細くてドキドキしていますが、

 

こういうときは座右の銘「なんくるないさ、やってみれ」です。

 

心細くなったらマアルのタンクトップ生成りを触ります(癒される 笑)。

 

 

新しい入り口も、開くためにはノックしてみないとね(ウマイ!)

 

 

 

金沢堪能

2日ほど途中広島へ戻ったとはいえ、石川県ー名古屋ーつくばーの2週間の旅がひと段落。
 

今日は久しぶりの休息日。
 

ゆっくりとこの2週間の旅を振り返ろうと思います。
 

 

まずは初日だけ、プライベートで1泊金沢へ。

 



木、石、砂、金、

壁、襖、金具、垣根、屋根、庭、、、

いったいどれくらいの日数かけて作り上げたのか?と都度立ち止まって想像してしまう、
職人技が至る所にある金沢。


特に長居したのは巽閣と、野村家
 

 


若い頃に数回訪れた時より遥かに、今回は気づくことが多くて嬉しかったな。

そういうものだとよく言うけれど、しみじみ本当だな。

50代、60代、これからの感受性をもっと育てて、
そして歩き回れる体力と脚力をキープ(これが一番大事)し、また来よう、ここへ。




かなりタイトなスケジュールだったが、

前泊してプライベートな時間をとろうと思ったのは、母がきっかけ。

 

5月に金沢の仕事から戻ってきた時に、母は金沢へ行ったことがないと知り、

いつになるかわからないけど、また金沢へ来る機会が出来たら母を連れてこよう。

 

と思ったらその機会がありがたいことに半年後にやってきた(笑)

 

 

元気だと言っても両親は70代。

またの機会に、、という先送りはあまりしたくない。

 

 

3連休初日の古都金沢の予約は空室がなくてヒヤヒヤだったが、

奇跡みたいなタイミング(キャンセルで1室空いた)で、

5月に来た時にお茶をして「ここに泊まってみたいなぁ」と思っていたホテルで1泊することができた。

 

 

今回も、金沢の中村さんにスペシャル美味しいお店をご紹介いただき、

母と中村さんと3人でなんとも嬉しい夜を過ごすことが出来た。

「あなたはどこへ行っても素敵な人にお世話になってありがたいねぇ」と言っていたが本当にそう思う。

中村さんは、いつかこんな女性になりたいなと思う数人のうちの一人。

 


とにかくあれやこれやと心配ばかりかけてきた長女なので(笑)、
母の終始嬉しそうな顔が私も本当に嬉しかったし、

もうできるだけ心配をかけずに老後を過ごしてほしいなぁ。

がんばろう。

 

孫にたくさん土産を買って広島へ戻る母の背中を見送りながら思ったのでした。

 

 

 

あともうひとつ「わたし、ほんとに歴史を知らんな」。

 

学生時代は歴史嫌い。習ったことはテストが終わると同時に記憶から抹消されているので、

ひとつひとつの建築も背景と繋がれば面白さ数倍だろうに、と思うと悔しい。

 

ああ、知りたいこと、覚えておきたいことが多すぎる。

 

 



 

野々市市にあるマアル肌着お取扱店舗、コミュニティトレード アルさんでのお話会へ(次ブログに続く)。



 

キクちゃんちの風

台所にある半畳ほどの小さなベランダ。
 
隣が迫っていて見晴らしなんてないけれど、
じゃがいもや玉ねぎなどの根菜類がおけて便利。ということが言いたいんじゃなくて、
この網戸から、夏の間、数回、「キクちゃん(宮崎の祖母)の畑」からの風が朝、流れ込んでくる。


 
中学に上がるまで、必ずといっていいほど夏休みを過ごした宮崎の祖母宅の台所には、
裏の小さな畑に面している勝手口があって、
朝、起きておばあちゃんを探しに台所へ行くと、そこから体感温度として2度くらい涼しい風がすぅーっと入って来ていた。
 
ただ涼しいだけじゃなくて、酸素がいっぱいというような、
生まれたばかりの、ちょっと青い風。
 
今思うとあれが、マイナスイオンいっぱい、というんだろうか。
 
朝ごはん食べたら涼しいうちに宿題しようね、とか、
今日の昼はソーメンチャンプルーにするよとか、
そんな会話をしながら感じていた風。

 
このマンションに引っ越して来て、初めての夏、
朝起きてベランダへのドアを開け、この風を感じた時は本当にびっくりした。
 
なんだこれ。
 
我が家は広島市の市街地にあり、静かな環境ではあるけれども近所に畑はない。
 
なのに、このキッチンが面している窓からは夏の間、朝限定で本この風が入ってくる。
どこで生まれた青い風なんだろう。

 
今年2回目の夏。
来ていた母を呼んで、「ねえ、この風!、キクちゃんちのだよね!」確認すると、
母は笑いながら、あらまあ本当ねえ、と言った。
 
そんな休みの日の昼ごはんは知ってか知らずかソーメンチャンプルーになった。


 
今朝、いつものようにこの窓を開けたが、もうあの風は入ってこない。
秋になったんだなぁと思った。
 
真夏限定、それもキクちゃんちの風になるには、何らかの条件が重なってほんの数回だけなのだ。

 
キクちゃんはおかげさまで94歳の今もとても元気だけれど、
 
キクちゃんはとても優しい人たちが運営している施設に住んでいるので、
去年、家はとうとう平地にして人手に渡した。
 
私は寂しくてその場所を尋ねられないでいるけれども、


 
来年の夏になったら、またキクちゃんちの風を、自宅で感じることが出来る。

お店巡り休日 minetteさん10周年

 

 

無精を自負している。それも結構重症の。

 

少ない休みの日は、家で完全な親父になっているかリラックスウエアを着て。昨日ブログに書いたばかりw)、映画館か、本屋かコーヒー店で本を読んでいるか。

 

だが今日は「行きたい」ことが重なって、近年稀にみる「行動派」でした。笑

 

minetteさん。

今日で10周年だそうです。

いい感じの文房具が欲しくなると広島ではここに伺います。

si-si-siのお洋服や、アクセサリーもあって、いくつか持っています。

 

マアルの白島店から徒歩で3分くらい。

 

今から約8年前、ネットショップを開くにあたりチンプンカンプンだったので、広島市が運営するネットショップ起業家を作る「アキハバラ塾」(名前、、当時の秋葉市長にちなんでつけたそうです)の塾生にしてもらいました。

何代か先輩に、その頃白島の別の場所でお店をしていらっしゃったminetteさんがいらっしゃり、

よくお邪魔していろんなことを教えていただきました。

 

今思うと、迷惑な人だったろうなぁと本当に反省です。

塾生同士は情報を共有するというルールがありましたが、何の情報も無かった私は、教えてもらう一方でしたた。。。

 

 

10周年の今日は、素敵なお着物姿でいらっしゃいました。

そのお姿はこちらのminette0702さんインスタでご覧いただけるようです。

 

10周年記念の可愛い置物などなど、いろいろありましたよ。

お買い物金額に応じた10周年ノベルティも。

 

 

 

 

 

 

それから、

「近藤祥子withときめきトゥデイ!」へ。

 

今日9/15から30まで、

ニューオダ理容室(MIRROR)

READAN DEAT

傘のフクマ

の3店で開催されている、画家の近藤祥子さんの展覧会。

この3連休は「ノークレーム似顔絵」もあって、大賑わいの模様。

 

 

 

まず今日は、ニューオダ理容室さんと、READAN DEATさんに行ってきました。

展示されている内容、店舗によって違っていて、

さらっとみるつもりが結構じっくり、になりました。面白かった!

READANDEATさんで見た、近藤さんの絵に添えた文に、私は打たれました。

 

 

これ以上はネタバレになるので控えますが、

あともう1店、傘のフクマさんへお伺いするのが楽しみです。

 

今回のイベントのグッズに加え、

オダさんでもREADANさんでも、また本を買ってしまった。

今私が欲しいもの、それは本棚です(誰も聞いてないか w)。

 

 

こうして回ってみると、どこも暖かくてこだわりがあって、いいお店が広島にはいっぱいありますね。

リラックスウエア親父休日を改め、もう少し出かけてみよう、と思ったのでした。

 

 

 

 

 

 

旅はじまる

ここに携帯で撮った写真を貼り付けようとしているのですが、なぜか90度回転してしまう。。。
まだ新しいブログのテンプレートに慣れないでいます。



一昨日から始まった出張、
ここから年末まで、
東京、福岡、金沢、名古屋、栃木、奈良、東京、大阪。

と、広島と各地を行ったり来たり繋げて移動したりの旅人生活が始まります。




皮切りの今回の旅も、
これからお付き合いが始まる方々とのご挨拶や打ち合わせと、
ずっと日常的にお世話になっている会社さんと、複数お会いしてきましたが、


言葉にすると陳腐だけれども、ぎゅぎゅぎゅとありがたいご縁を感じています。



マアルに関わってくださっている人たちを、
皆さんにひとりひとり、ご紹介したくなるほどです(シャイな方々もいるので実際には難しいでしょうけれど)。



昨夜ご一緒した人からのキーワード「ご機嫌な人と仕事をしたい」
本当にそうだなぁと思いました。



礼儀を持って、背筋を伸ばして、真面目に、明るく、優しく。


ご機嫌というのは、考えなしで調子がいいのとは違います。
いろいろ含み合わせた上での「ご機嫌」と受け取りました。



今朝、ビジネスホテルに朝食がついていたので、期待せずにレストラン会場へ行きましたら、
品数は少ないけれど、
ひとつひとつがとても丁寧に作られていて、「ちゃんと」していました。
お味噌汁も美味しかった。

ヨーグルトにかけるブルーベリーソースも手作り。

「おはようございます」「いってらっしゃい」

スタッフさんの控えめで気持ちのいい挨拶に、朝からますますご機嫌になりました。


真面目な仕事は、人をご機嫌にさせてくれますね。



いい気持ちの連鎖。
意識して旅をしていきます。
 

 

Have a good day!

 

 



告知もいっぱい続きます。

詳しくはここブログでもアップしていきますが(まだ何もかけていない事にちょっと焦る)

大まかにはこちらにアップしております。

 

お、近くに来るじゃーん、ってことがございましたら、ぜひお会いできますように。