Recent Posts

久留米絣くるめかすりの新柄、2年半ぶりに登場します!

私たちが久留米絣と出会ったのは2017年。

伝統工芸とのコラボレーションで、限定企画としてオーガニックコットンで織っていただき、2017年2月4日の立春に発売しました。

その日はオランダで開催されたmono japan という展示会に出展していたので、
アムステルダムでも同時発売という、

なんかカッコいい響とともに思い出がいっぱいあります。

(絣の製造工程を説明する資料を英語で作ったなぁ、、)

 


マアルの肌着用に、特別にオーガニックコットンで織っていただいた久留米絣。

それが予想をはるかに超える気持ち良さで、
どうしても継続して作りたくなり、
さらにショートパンツやロングパンツまで品目を増やして、
赤い大きなドット柄とともに定番化したのが同じ年の夏。


30の工程を経て、約3か月かけて織り上げる久留米絣の生地。
独特のかすれ具合、糸と糸との間にはらむ空気感は、
まるで〇〇のような、と言い表せない独自の気持ち良さがあります。

今回、久しぶりの新発売となるグリーンドットは、
縦絣たてがすり(縦糸だけをくくり、模様をつけ、横糸はプレーンなまま)という技法。
同じ縦絣のグレードットよりもさらに柔らかく仕上がったのは何故だろう?。


色は紺地ベース、大きめのグリーンが差し色になっていて
とてもいい柄!気に入ってます。

 

最初のうちは色が出てくるので、お手数ですが単品で、あるいは色の薄いものとは分けてお洗濯してください。

絞ったらすぐ取り出して干してくださいね。

 

絣は最初のうちは生地に糊も残っているので硬く感じるかもしれませんが、

こうして洗っているうちどんどん柔らかく育っていきます。

 



marruのinstagramFacebookで数回にわけ、
下川織物さんに撮っていただいた今回のグリーンドットの絣ができるまでの工程写真をアップしています。

ここでは少しだけご紹介

糸を枷にし、くくり、まずはベースの紺に染めたところ。
洗って干しています。

カラカラカラと移動させながら回しているうちに、括り糸が外れていく仕組み。


括りを外すと、水玉になる予定の染まっていない生成りのオーガニックコットンが見えます。


今回は上からさらにグリーンで染めました。


(この写真が一番好きです)
糸の束をほどき、糸を配列していくところ。

↑これ、分りますか?機械の手前では横一列に並んだ水玉が、
水玉1つ分の糸を互い違いにレーンの下に通すことで、
互い違いの水玉模様となって出てきます。
シンプル!だけど考えた人すごいー!!



織り機に縦糸をセットし、いざ織り始めます。
織りあがったら生地を湯通しして糊をおとし、綺麗な井戸水で洗って自然乾燥。


この数枚の画像を見ただけでも、
機械織りとはいえど、いかに人の手がかかっているか、
長年の職人の塩梅、技が必要としているかを推測できます。
昭和30年代のものという機械達を手入れして使いこなすにも職人技術が要ります。

私はこれまで3回、この織り工場にお邪魔したことがありますが、
毎回、いろんなことに圧倒されてしまいます。

かつて多い時は300件以上あったという久留米絣の織元も、現在残っているのは30件程度といいます。

こんな気持ちよくて丈夫な織りが、日本に残っているのだから、
日本人なら使って欲しい!

きっと、私たちマアルのメンバーみたいに、
絣が大好きになり、

うちの主任みたいに↓と叫ぶかも。笑

主任のブログ「久留米絣のロングパンツがどうしてこんなに気持ちいいと誰も教えてくれなかった?」
私も、マアルを通じて肌着としての絣に出会わなければ、こんなに毎日の身近なものにはならなかったと思います。

< 久留米絣 グリーンドット 各種
2月4日立春の発売を記念して、立春から2月末まで、久留米絣シリーズ全品会員様は優待価格でお求めいただけます。



 

marru展 開催のお知らせ


1年と少しぶり、マアル単独の展示会を開催します。


marru展 
@paddlers_coffee



2020.2.14 (金)ー16(日)の3日間
7:30-18:00 

会場 PADDLERS COFFEE ギャラリースペース 
  渋谷区西原2-26-5 
    
京王新線「幡ヶ谷駅より徒歩4分

   小田急線/千代田線「代々木上原駅より徒歩8分
   渋谷駅発中野駅 or 阿佐ヶ谷駅行きのバスも便利です(「幡ヶ谷駅下車
 ※会場への詳しいアクセスはこちら 
https://paddlerscoffee.com/access


PADDLERS COFFEEのギャラリーにて、
marruの展示販売会を開催します。

marruの単独展示販売会は、これが2回目。

定番の肌着はもちろん、
今回は試着室を設けてマアル初めての限定ブラジャー「春夏秋冬 冬 至」のご試着もしていただけます。

そして、
2月4日立春発売の「久留米絣」シリーズの新柄、グリーンドットもお披露目!!!

メンズの太陽パンツもいろいろご用意しますので、バレンタインにいかがでしょうか?

盛りだくさんのmarru展。
会期中は櫻木と小田が終日滞在致します。

フルオーガニックコットンの肌着に触れ、PADDLERS COFFEEさんで美味しい珈琲を飲んで、
憩いの時間をお過ごしいただけたら幸いです。


marru展でのお買い物は、ネットショップでの会員様でしたら後ほどポイントもお付けします。
(お誕生月割引はできませんが、、ごめんなさい)
ぜひ、お越しくださいませ。




前回の様子はこちら

 

この数日間味わった朝の空気とともにお客様とお会いすること、が私と小田は気に入って、

広島の拠点=素souで「朝マアル」を始めるきっかけにもなりました。

 

ああ、バレンタインがこんなに楽しみなんて何十年ぶりでしょう(笑)

 

 

大切に作った肌着たち、ぜひみなさまに手に触れていただきたいです。

お待ちしております。

 



 

ノンパッケージ始めます!

年始にお伝えしておりましたが、いよいよ今週2020年1月25日(土)旧暦新年の元旦から

 

ノンパッケージ始めます!!!


詳しい内容や確認事項は特設ページをご覧ください。
https://marru.net/?mode=f71
 


ずっと、ずっと、始めたかったこと。

 

 

思い切って始めてみることにしました。

もちろん、今まで通り、紙封筒のパッケージ入りの商品もお求めいただけます。
どちらをご希望か、ご選択いただけることになります。


 

マアルをスタートしてから、
肌着を包むパッケージはほとんど紙か布で作り、プラスティック袋の使用は最小限におさめてきました。
マアルオリジナル肌着のラッピングもオーガニックコットン布で有料にしたのは去年。

そして、
いよいよ次のステップです。
 

「ノンパッケージ=紙包装すら、無し」をご用意します。


マアルオリジナル商品のうち、
ノンパッケージ対象商品(太陽パンツ、新月ショーツ、満月パンツ、子パンツ、タンクトップ、キャミソール、八分袖インナー、環めぐる布ナプキン、久留米絣のハンカチーフ)をノンパッケージでお求めいただけるようになります。
 (引っかかりやすいダブルガーゼや、アンドトゥモローシリーズなど、デリケートな生地のものに関してはノンパッケージ対象除外商品もあります)


 

燃やせるゴミ、リサイクルできる紙といえども、
生産する熱量、ゴミの廃棄、運搬の際に発生するCO2など、使わないことで様々な削減ができると思っての取り組みです。

マアルの肌着は、ありがたいことにリピーターのお客様が本当に多くて、
「自分用の洗い替えだからパッケージは要らない」
以前からそうおっしゃってくださるお客様が多いのです。

 

マアルのお客様がこの取り組みをご支援くださることで、この選択も継続できると思います。


ぜひ私たちと共に、次の世代に住みやすい地球環境を繋げませんか?

 

ノンパッケージをご選択いただくと、
1着あたり20円を音楽家・坂本龍一氏が代表を務める森林保全団体more treesに寄付いたします。

 

数年前にこの団体のことを知り、メールマガジン等で活動を拝見しておりました。

 

「都市と森をつなぐ」をテーマに、

地球温暖化が危機的な状況に差し掛かっている現代において、

さまざまな活動(これがワクワクするイベントであったり美しいモノづくりにつながっていたりするんです!)を

精力的にしていらっしゃいます。


マアルと繋がる皆様がノンパッケージのご選択をすることが、

more treesを通じ、森を保全し、森とつながることになります。
 

Live together in Harmony 
持続可能な社会のためにマアルができること

 



2020年、毎日の暮らしからゴミを減らしましょう。
私たちマアルも、できることから、はじめてみます。
 

添うの場に寄せてvol.2 助産師という存在

昨年9月から毎月第1木曜に開催する、助産師による無料個人相談「添うの場」をスタートして、
明日1月9日で4回目になります。

生後1ヶ月の赤ちゃんづれでお越しくださったお母様が一回り大きくなった赤ちゃんを連れて再度お越しくださったり、

更年期かな?とご相談にいらっしゃった方が病院での検査を勧められ、「検査して本当によかったんです、添うの場がなければまだグズグズ悩んでいるところでした」とご報告にお越しくださったりと、

お越しくださった方々から嬉しいお声をいただいています。

明日は高島助産師さんがお越しくださいます、10時から13時までの間に(ご予約不要ですので)、
何か相談してみたいことがある方はお気軽にお越しくださいね。

相談が重なった場合は店内で、もしくは近くをお散歩などしてお待ちいただくことになりますが、
今のところ絶妙のタイミングでそんなに重ならないのが不思議です。



昨年挑戦した、あるコンペディションでmarru素souの取り組みのひとつとして「添うの場」を紹介したところ、
審査員の方に
「肌着を作るマアルが助産師を顧客と繋げる、その関連性が発表ではよくわからないのですが」と質問されました。

壇上で、ど緊張の中にいつつも、
「なるほどなぁ」とも思ったんです。


布ナプキンや、肌刺激&締め付けのない肌着を作っているマアルには日頃から
女性特有のお悩みを持ったお客様が多くいらっしゃいます。

(むしろ自分も含め、お悩みというレベルにはいかなくても気がかり、くらいは持っている人がほとんどじゃないかなと思います。体は変わっていきますから)

そこで、女性に寄り添う助産師さんの登場、というわけなのですが、確かに、
一般の人は「なぜ「助産師か?」」と思われるかも。



出産を数回経験した人でも、
「助産師って馴染みがないわ」
「お産の時にいたんだろうけど、看護婦さんと見分けがつかなかった」
そういう人も多いようです。

まして妊娠出産経験がないと、なおさら縁遠いかもしれない「助産師」。


私も、長女を産んだ時はそうでした。
だれが助産師かとか、気にもかけなかったし、診察や出産時以外、接点もなかった。


それが、「自然なお産」に興味をもち、
次女を助産院で産もうと思った時から一気に身近な存在となりました。

残念ながら妊娠8ヶ月のとき、
アレルギー対策で飲んでいた漢方薬の副作用で肝機能障害で急遽入院しハイリスク妊婦になったため、
助産院での出産はできなくなりましたが、

できるだけ自然なお産を、と病院を紹介してくれたのもその助産師さんたちだったし、
幸せなことに産後すぐ病院にも来てくれ、
おっぱいケアや次女の発育相談で一年後に関東を離れるまでずっと
身近になんでも相談できる存在としてそばにいてくれました。



核家族で転勤族、
友達はいても、相談しても解決にはならない、、
ネットで検索してもきりがない、、

助産師さんには本当に心身ともに助けてもらいました。

この頃から、私の「助産師」愛が始まったのかもしれません(笑)。


自然育児友の会を通じで出来た仲間たちの中にも、
助産師が複数いて、
ここで私の言う「助産師」とはほとんどが開業助産師なのですが、
話があうというか、
日々お産の現場に立ち会っているから肝が座っています。

お医者さんの立ち位置とも違う、
看護婦さんとも近いけどさらに女性に近い立場。
「女性に寄り添う=助産師」。


「添うの場」をになってくださっている田中助産師、高島助産師さんは、
隣のしっかりしたお姉さん的存在。
マアルのスタッフも数人相談させてもらいましたが、
みんな、本当に「相談してよかった」と言ってます。

体のことで気になっていた心の重荷を、ほどく場になればと願っています。


<添うの場>
1月9日(木)10時から13時
2月6日(木)10時から13時 
※この日は高島助産師のもとに実習に来ている看護大学生が午前中同席します。学生と言えども相談内容については守秘義務があり、その一切の責任は大学と高島助産師が持たれることになっていますのでご安心してお越しください。
3月5日(木)10時から13時
















 

想い出 春を待つ 満月パンツ




LLサイズだけずっと2枚残っていましたが、2019夏にとうとうそれも旅立ち、
完売となった「春を待つ 満月パンツ」。

 
大分県国東半島にお住まいのよつめ染布舎さんに「春を待つ」女の子の絵柄をオーガニックコットンに型染めしていただき、
肌着にはじめて物語を乗せて発売したのが2016年立春。

 
これを手にした時の気持ちを忘れないように、とパッケージも絵柄の中の馬と女の子を型抜きし、
中にポエムのリーフレットを入れた、渾身のパッケージは #矢吹菜美 さんとの初仕事。
限定商品でした。


 
たかがパンツ、されどパンツ。

 
肌に直接身につけるものだからこそ、心地よく、締め付けずを大前提に、
楽しい、嬉しい、はじめよう、いろんな気持ちを応援するものにしたい。

 
それまで定番商品や限定で色を変えたものを少し出すだけだったマアルが
初めて、特別企画的に出したものが「春を待つ 満月パンツ」でした。

 
これが支持されなければ、
この次に続く春夏秋冬シリーズは生まれなかったと思います。




 
発売前はブログ
国東半島の工房の紹介や、
型染めの風景、
絵柄の意味など
6夜に渡りお伝えしているうち、SNSでコメントを続々とお寄せいただいた記憶があります。

 
あんなにも緊張して迎えた立春は初めてだったかもしれません。

 
追記)と思ったけど、マアルの初めての店をオープンし、同時に法人化したのもその前々年の立春。
2017の立春は久留米絣の発売日をオランダのmonojapan出展先で迎えたし、
私にとって立春はなかなかの緊張をもたらす日に自ずと設定しちゃっていることに気がつきました。笑


 
結果、この「春を待つ 満月パンツ」は、手にしたお客様から親密なお手紙やメールを頂戴し、
私だけでなく、お求めくださったお客様にとっても忘れられないパンツになったのかもなぁと思っています。

 
この夏、商品ページにSOLD OUTの案内を打ち込んでいる時、
ものすごく寂しくなった一方で、不思議なほどの充足感に浸りました。
 

今も、新商品を考え、完成に向かって走っているときに時々不安になることもありますが、

「春を待つ 満月パンツ」を手にしてくださった方々がいた経験と、
お客様からいただいたのお手紙が、
きっと誰かに繋がっているから大丈夫。と、


結局のところ「春を待つ」 は、マアルとわたしの背中をも押してくれているのでした。



 
Remind 「春を待つ 満月パンツ」