Recent Posts

'添うの場’に寄せて

いよいよ明日9月5日(木)から、

「添うの場」-助産師による無料個人相談の場-がはじまります。
 

 

毎月第1木曜、午前10時から13時までの3時間、

素souのショールーム奥、キッチン側のスペースに助産師さんに過ごしていただく時間を設けています。
 

 

女性でしたらどなたでも。

 

年代問わずに、と助産師の田中美佳さんと高島麻季さんがおっしゃっています。

妊娠、出産、閉経も問いません。

こんなこと聞いたら、、?なんて心配はいらないですよ。
なんでもふらりとお話に来てください。


田中さんと高島さんからメッセージを預かっています。
まずはこちらの記事をお読みくださいね。
【「添うの場」助産師による個人相談-始まります】

 

 

 

なぜこのような場を設けたかったかというと、

そこにはたくさん理由がありますが、

わたし(櫻木)の個人的な経験も理由のひとつ。

ざっと19年!くらい前の写真。

転勤で横浜に移って2年後に初めての出産。
近所には親戚はおろか、親しい友達がいませんでした。
当時の夫も同じように若く、働きざかりで毎晩帰りは遅く、
一日中ほぼ娘と二人。

妊娠中に市の母親学級で知り合ったママ友は複数いて、ほぼ同時期にお産したのが、心強かったでしょう、と思いきや、
いつも発育を比べる対象のようになってしまい、
個人差はあると頭ではわかっていても、いつもいつも不安でした。


この写真の頃の悩みは、肥満(娘の)と乳児湿疹(のちアトピー)。

長女は出産時2500g無かった為、
退院時に「寝ていても口に哺乳瓶をつっこんででもミルクを飲ませてね、細い赤ちゃんは弱くて病気にかかっちゃうから」と言われました。
さあ大変!
こんなにか細い我が子が病気になっては大変!!と、
言われた通り、夜中でも3時間置きにタイマーをかけ、ぐっすり寝ている我が子の口におっぱいを当てても飲まない。。。
ならばミルク、ミルクと、
言われた通りに哺乳瓶を突っ込み、どんどん与えていました。


すると3ヶ月検診では肥満と言われてしまい、
その頃はすっかり娘も、母乳より飲むのが楽なミルクを好むようになっていて、
母乳は出なくなるいっぽうだし、
「ミルク与えすぎだから減らして」って言われるしで
ミルク1本分飲んでまだ足りないーと泣いている我が子を抱いて「でもこれ以上あげられないんだよー」と一緒に泣きたい日々でした。

この頃からだんだん娘に湿疹が広がるようになり、
皮膚科に行くたびにある薬のランクが上がっていって、
夜はかきむしりで眠れないし、、というアトピーの悩みが始まるのですが、
これはもういくらページを割いても終わらないくらいいろいろあったのでこれくらいで。


頑張っていたなぁ。

20代のママは、毎日張り詰めていまいした。

ものすごい数の本を買って(アトピーや、乳児湿疹、自然療法、食事療法、なんやかんやと)読み漁っていたので、
今だったらネットで検索しまくっていたと思います。

可愛くて愛おしくてたまらない。
この子が笑顔になる時間が増える為にはなんでもする!
ものすごいエネルギーが、
いっぽうで自分を追い込んでいくことにも全く気づいていませんでした。。。


無数に他にもいろんなエピソードがありますが、
ここに書いたことだけでも、
私に気軽に相談できる助産師さんがいたら、
だいぶベクトルが違っていたと思うんです。


実際、次女の際は頼りの助産師さんがいたので、
産後もずっと、
ちょっとしたことにもアドバイスをもらいにいきました。

完全母乳で、とても楽チンに子育てできたのも、助産師さんのおかげでした。



今、ネットによる情報社会が進み、
ちょっと気になるキーワードを入れれば、世界中から情報が集まりますよね。
でも、いらん情報まで我が事のように目に入れてしまい、悩んでいる人たちは少なくないようです。


まずは気になっていることを、
そのまんま、口に出来たら
背中に重く乗っかっている荷物がちょっと減るよー。

どっちに進めばいいか解らなくなってしまっている時、
荷が軽くなると動き始められるかもしれません。


田中さんも、高島さんも、信頼できる親戚のお姉さんみたいな人。


満月ポテチを買うついででも。
もちろん何も買わなくても。
10分でも、3分でも。
ふらりとお越しください。



 

今は頑張っていた自分が愛おしい。

 

頑張っているみんなが愛おしい。

 

私自身も50歳を前に、ちょっと助産師さんに聞いてみようって思ったりしてます。

 

マアルの「添うの場」で。

 

coyashi企画 志庵鍼灸院 山口誓己先生による「東洋医学の観点で'男を知る’」お話会

志庵鍼灸院院長・経絡治療学会広島会長
 山口誓己先生による

「東洋医学の観点で”男を知る”お話会」

 


10月19日(土)14時開場 お話14時15分〜1時間半程度 
参加費 4,000円(中/高校生半額・小学生以下無料)+税
定員40名 先着順

 


男性のことで悩める女性に朗報です!
世の中の約半分は異性。


惹かれ合い、大切にしたいと思うのに理解できない、親なのに、夫や彼氏なのに、我が子なのに理解できない、面白いけど腹がたつ。
なぜ?どうして?聞いてる? 
男性と女性とは、生まれつき備わっている身体も心も性質もどうやら全く違うらしいのです。
男女平等、ジェンダーフリーが叫ばれている時代になって久しいですが、ここを理解しておくと新しい時代の共存の仕方がわかるかも。
もっと楽に仲良く過ごせる糸口が見えてくるお話会です。



悠久の歴史を持つ東洋医学の観点から、新しい時代を生きる私たちに山口先生がアドバイスをしてくださいます。
先生が院長をしていらっしゃる志庵鍼灸院のプロフィールには、こう書いてあります(一部抜粋)
「あなたの夢・目標はなんですか?その夢や目標を叶えるためには、時には様々な困難に出会うはずです。 
それを乗り越えるためには、あなたの心身は常にベストな状態でなければなりません。


皆さんの夢・目標
つまり人生における志(こころざし)をかなえる場所(庵)であってほしい。
そんな想いをこめて志庵(シアン)と名付けました。」

今年の3月、素で「現代女性の心と体の心構え」のお話会が大好評!

お客様のリクエスト殺到につきこのテーマになりました。奮ってご参加ください。(画像はその時の様子です)



※キャンセル料金について
こちらのお話会は2日前(10月17日(木)から半額のキャンセル料金が発生します。当日は全額となります。ご注意ください。

※お話会当日10月19日(土)は11時〜13時までショールーム営業となります。講演会ご参加の方のみ、講演会後のお買い物が17時まで可能です。


-----------------
3.お申し込みは sou@marru.net
タイトルに「山口先生のお話会」などタイトルを書き、
文面にお名前、携帯電話番号をお書き添えください。

会場はお申し込みの人数により、座布団で座るかた、椅子に座るかた両方になる場合があります。
お体のご都合で椅子を希望されるかたはお申し込みの際お伝えください。

お子様連れの方は年齢をお伝えください。
お子様が退屈される等して講師の方のお話が聞きづらい状況になるようでしたら外へ出るなどして気分転換をお願いします。

お申し込み受付後、事務所営業中に担当者から確認の返信をします。
数日経っても返信がない場合は、マアル082-836-3667までご連絡ください。
携帯からお申し込みの方は、
sou@marru.net からのPCメールが受け取れる状況にしておいてください。

一般募集開始!coyashi企画「’優しい’コットン衣類ってなんだろう?」

前田源商店専務取締役・NOC日本オーガニックコットン流通機構理事長 
前田富男さんによるお話会
 「’優しい’コットン衣類ってなんだろう?」

9月30日(月)10時15分開場  お話10時30分〜1時間半程度 よもぎのお茶付き
参加費 800円(中/高校生半額・小学生以下無料 )+税 
定員20名

会場 marru素sou


絹織物の産地、山梨県富士吉田市で100年近く続く機屋(ハタヤ)であり、
今や日本の「オーガニックコットン織物のパイオニア」とも呼ばれる前田源商店さん。

前田富男さんは、前田源商店の専務であり、日本では馴染みのなかった「オーガニックコットン」の普及と消費者へ安全性の確かなオーガニック商品の供給を支えるため、NOC(日本オーガニックコットン流通機構)の立ち上げから関わり、現在は理事長の役も担っていらっしゃいます。

ラッキーなことにマアルの担当さんでもあり、Wガーゼ草木染めの生地や麻入りオーガニックコットンの生地など新しく生地を作る際には、いつも丁寧に優しく生産アドバイスをしてくださいます。

このたび、山梨県から広島へいらっしゃるということで、
ぜひ皆様にも私たちマアルメンバーと一緒に富男さんのお話を聞いていただきたい!と企画しました。



オーガニックコットン界の重鎮を「富男さん」と呼ぶのは随分と馴れ馴れしいのですが、
その優しいお人柄で、NOCのみなさんはじめ、オーガニックコットン業界の方々みな、「富男さん」と慕っています。

真綿のように柔らかで穏やかな富男さん。
マアルへは過去2度ほどお越し下さっているのですがマアルメンバーも「富男さん」が大好き。


オーガニックコットンのこと、繊維のこと、織物のこと、日本の工業のこと、、あらゆることに精通していらっしゃいます。

何をもって「オーガニックコットンが優しい」と言えるの?
「草木染めは優しい」ってそうなの?
そもそも「オーガニックコットン」ってどういうこと?などなど、
いろんなお話聞けると思います。


ぜひ貴重なこの機会に、生産・現場に携わる生のお話を聞いてみませんか?


※当日は、普段マアルにはない、前田源商店オリジナル商品の販売もあります。

※お話会に参加された方は、
この日はマアルの前田源商店さんで織っていただいている商品<WガーゼハンカチーフWガーゼ満月パンツ子パンツ麻とオーガニックコットンのヘンリーネックシャツ麻とオーガニックコットンのショールは、全品10%OFFになります。


※こちらはopen coyashi(ショールームを営業しつつ、キッチン側でお話会やワークショップを同時進行する会)です。

※お店は通常通り営業しておりますので、お話会に参加されない方もお買い物にお越しいただけます。

 

 

 

 

お申し込みは sou@marru.net
タイトルに「コットンのお話会」と書き、
文面にお名前、携帯電話番号をお書き添えください。

会場はお申し込みの人数により、座布団で座るかた、椅子に座るかた両方になる場合があります。
お体のご都合で椅子を希望されるかたはお申し込みの際お伝えください。

お子様連れの方は年齢をお伝えください。
お子様が退屈される等して講師の方のお話が聞きづらい状況になるようでしたら外へ出るなどして気分転換をお願いします。

お申し込み受付後、事務所営業中に担当者から確認の返信をします。
数日経っても返信がない場合は、マアル082-836-3667までご連絡ください。
携帯からお申し込みの方は、
sou@marru.net からのPCメールが受け取れる状況にしておいてください。

 

男女兼用に。私のNo.1満月パンツは久留米絣グレードット

今月は満月パンツ クローズアップ月間。
次々とスタッフたちが「お気に入り満月パンツ」「満月パンツが好きな理由」などアップしておりますが、
わたくし櫻木の「満月パンツ No.1は、

久留米絣グレードット」です!
(はい、スタッフ数人と被ってます 笑)

この生地の、他に類をみない「独特の」良さは、本当に履いていただかないとご理解できないかもしれません。
私自身も、
福岡県八女市の下川織物さんに無理言ってオーガニックコットンで下着用に特別の久留米絣を織っていただき、
その途中はもちろん打ち合わせやサンプルアップもしていたので、
いいものになるぞと思っていたものの、

実際満月パンツの形になり、洗濯と着用を繰り返せば繰り返すほど、

「こ、、、これは限定企画ではなく、定番にしなければ」と手放せないものになってしまいました。

季節は冬だったのですが、意外なほど温かいんです!
さらに夏になると、「こんなにさらりとするんだ!」と驚きました。汗をかいても肌にはりつかないので、
とても爽やかです。

生地のこだわり、制作工程についてはぜひこちらの特設ページをお読みください。

【 marru original 久留米絣 】

満月パンツは、タイトルに書いたように、
最近男性のお客様もお使いくださるようになってきました。

男性用といえば「太陽パンツ」がありますが、
ウエストベルトをあえて太めのものにしているので、


(↑太陽パンツ 久留米絣グレードット のバックスタイル)

「もっとベルトが柔らかくてゆるいものがいい」という男性は満月パンツを好むようです。



満月パンツ 久留米絣グレードット のバックスタイル

お尻を包む形は変わらないし、フロントも男性が使っても問題ありません。

ただ、サイズ選びに関しては、太陽パンツのMをお使いの方は満月パンツのL、というふうに、1サイズアップされるとちょうどいいようです。
満月パンツがゴム交換できる点も、男性が満月パンツをお選びになる理由で挙がっています。
(太陽パンツはゴムねじれを防ぐため、ゴムと生地を縫い止めていてゴム交換ができないんです)


久留米絣シリーズに限らず、
満月パンツを男性が使うのは同じようにオススメです!

8月中は、満月パンツ単品が会員様ご優待価格になっています。

3ヶ月かけて完成するこの「久留米絣グレードット」、この機会にぜひ1枚お使いになって、
私たちと同じくどっぷり、
このパンツ手放せないわー!メンバーになってください。


追伸:気になっているけどお値段が、、、と言われることもあります。
手間と素材を考えればこれでも限界値なのですが、
この満月パンツ久留米絣グレードット、わたしもスタッフも、ヘビロテしつつ3年使っています。
この丈夫さも絣の魅力ですよ。
 

「添うの場」-助産師による個人相談-はじまります

長年の願いがまたひとつ、素で実現します。


マアルは「マアルく繋がろう」から生まれた屋号です。


 

私たちを取り巻くさまざまなこと

衣食住、心、生と死、性、家族、医療、環境、社会、地域、、、それらに

優しく寄り添い、まあるい形で繋がりあいたいなぁと願っています。
 

 

coyashi企画などで展開しているお話会やワークショップに加え、
 

「いつか場所が出来たら、、」とずっと胸の中にあったことのひとつ。


 

いよいよ来月、9月の第1木曜からはじまります。




「添うの場」

 

生理不順、妊娠、出産、赤ちゃんの発育、産後の体調、育児、更年期etc,,,
 

病院に行くほどじゃないかもしれないけど、なんだか気になること、
 

なんでもふわっと、
助産師さんと個別にお話してみませんか?


 

全ての女性に寄り添う場。
 


名前を「添うの場」と付けました。

 

souのショールームの一角、キッチン側が「添うの場」のスペース。
 

 

毎月第1木曜の午前10時から午後1時までの3時間、
助産師さんに素で過ごしていただきます。

予約は特に必要ありません。
相談希望の方が重なったら、店内でお待ちいただくか、近くをお散歩されたりしてお待ちください。


 

 

ショールームはいつも通り運営しております。
お買い物ついでにちょっと聞いてみよう、な感じで、お気軽にお越しくださると嬉しいです。




 

 

二人の素敵な助産師さんが交代でこの場を育ててくださいます。



さち助産院  田中美佳さん 
「開業助産師の田中美佳です。
出張専門なので、依頼があれば広島市を中心にどこへでも駆けつけています。
「うみ」「育てる」人や「育つ」人の側で、そっと手を差し伸べる。
そんな存在でありたいと思っています。」



まき助産所 高島麻季さん

「お悩みのことに乗り越えていけるように、寄り添いながら、
励ましながら、女性が笑顔で自分らしく過ごせるような支援ができたらと思っています。
どうぞお気軽にご相談ください。」


お二方とも、ふんわり柔らかいのに芯があって、どっしりしていらっしゃる、
私の憧れの、大好きな助産師さんです。

ドキドキしながらご相談したところ、
日頃のお二人のご活動と共鳴するところがあって、
とても共感してくださいました。

「添うの場」。

毎月第一木曜の10時からと覚えてください。
まずは9月5日(木)から始まります。




どうしてこういう場を作りたかったか。

たくさん理由がありますが、

第一に私自身、助産師さんと出会い体調面だけでなく、

メンタル面もとても救っていただいた経験があるのです。

 


また改めて書かせてくださいね。

 

 →「‘添うの場’に寄せて」2019.9.4