Recent Posts

marru展ありがとうございました

marru展 basicとspecial、昨日無事終了いたしました。

 

ネットショップを通じての長年のリピーターさん達をはじめ、

PADDLERS COFFEEで知ったという初めましての方々、

前から気になっていたという方々に、

 

marruの肌着に触れ、ご覧いただきました。

百聞は一見にしかずといいますが、

ひとたび触れていただくと説明はいらないな、と思うほど柔らかな"basic"定番商品のオーガニックコットン肌着の手触りと、

胸踊る"special"草木染めの色とりどりの春夏秋冬シリーズ。

 

お越しになった方々が「わぁ」「気持ちいい〜」「きれいー」と仰っていただくのが今も耳に心地よく響いております。

 

お客様の他にも、

 

草木染めダブルガーゼ生地を織っていただいている前田源商店さんはじめ、シシフィーユのご担当者さん、

ネットショップカラーミーショップの方々、

広島からは日帰りでモデルさんもお越しくださったり、竹布のナファの方々、

それから関東在住の友人知人親戚、、、

 

そして、今回、春夏秋冬シリーズのパッケージにプリントされている原画をご提供くださった画家の春日千尋さん、

設営まで手伝ってくださった矢吹菜美さん、

 

 

ほかにも書ききれないほどの方々がPADDLERS COFFEEのギャラリーにお立ち寄りくださって、

 

私と小田、なんど「ありがたい」と言ったかわからぬ程のありがたい3日間でした。

 

 

拠点の広島以外では、marruで初めて主催した単独の展示販売会でしたが、

皆様に支えていただき、日頃からご愛用しているなど嬉しいお声をたくさん頂戴し、

ご褒美をいただいたような3日間でした。

会場を貸してくださったPADDLERS COFFEEさん、3日間ありがとうございました。

 

さすが人気のPADDLERS COFFEEさん、平日でも満席になること度々、土日はたびたびレジ前に行列ができるほどの人気ぶりでしたが、

 

朝のゆっくりタイムに私たちは

ホットドック、自家製栗タルトや、バナナブレッドなど、テラスやレコードのかかっている店内でのんびりする時間もとれました。

ここを選んで本当によかった!と、これまた何度思ったことか。

 

 

今週金曜の新月12月7日に発売となる限定商品も、実はこちらでお披露目しました。

ネットをご覧の方々にも、明日あたりご覧いただけるように準備を薦めております。

広島の実店舗白島店も、来年の移転を控え、あと2週間でファイナルを迎えます。

 

冬至の日に発売のもの控えておりますし、

さあ広島に戻ったらまたこつこつと肌着の企画製作に取りかかるぞ!

 

 

関東の皆様、

本当にありがとうございました。

引き続き https://marru.net を通じて、どうぞよろしくお願いします。

 

marru展 会場について

いよいよ明日になりました、
marru展basicとspecial。

早朝の新幹線に乗り、会場となるパドラーズコーヒーさんへ設営に向かうところです。

パドラーズコーヒーさんは、
京王新線の幡ヶ谷駅で降りて、南口から徒歩4分くらい。



良い感じの商店街をてくてく歩きます。
左手に「西原ゴルフガーデン」を見ながら過ぎ、
その先また左手に「セブンイレブン」がある角を右に入ったら、
大きな木がある一戸建てのカフェが会場です。

-------------------------------
詳しくは PADDLERS COFFEE アクセス案内ページへ
https://paddlerscoffee.com/access/
〒151-0066 東京都渋谷区西原2丁目26−5
営業時間/午前7時30分〜午後6時 定休日/毎週月曜日
2-26-5 Nishihara Shibuya,Tokyo,Japan
Hours / 7:30am〜6:00pm Closed / Monday
京王新線「幡ヶ谷駅」南口より徒歩4分
小田急線/千代田線「代々木上原駅」より徒歩8分
渋谷駅発、中野駅 or 阿佐ヶ谷駅行きのバスも便利です。(「幡ヶ谷駅」下車)
-------------------------------

モーニングをしていらっしゃるので、朝の7時半からのオープン。
私たちも、その時間から会場入りします。



この写真は、初夏だったか、何度か下見に来た時に。
レコードがかかっていて、落ち着く内装で、様々な年代の方々がそれぞれにくつろいでいらっしゃいます。

そうそう、びっくりしたのは、内装を手がけた方は、マアルのパッケージデザインでお世話になっている矢吹さんの古くからのご友人。
実はその方に作っていただいたマアルの什器があって、いつもタカシマヤ等のデパート出展の際に使わせていただいています。
何も知らずにPADDLERS COFFEEさんへ行ったのですが、
なんだかいろんなところが繋がるものだと驚きました。

明日、ここでお待ちしております。

リノベーションはじまる

 

 

インスタグラムでは公開しておりましたが、来年1月にお引越しするマアルの拠点の工事が始まりました。

 

 

窓から広がる川沿いの桜並木、

そしてこの広さ。

 

初めて訪れたのは夏でしたが、東向きのこの窓から入る光の気持ち良さに一目惚れでした。

 

 

事務所と、小さな縫製工場、そして販売も可能なショールーム兼イベントスペース。

 

拠点の名前ももう決めておりますが、それはまた後日にお披露目を。

 

 

出張の合間をぬって、何度も何度も打ち合わせをし、

プランが固まったところで10月中旬からリノベーションが始まりました。

 

 

 

 

川沿いの空間の天井を剥がし、

 

キッチンを作るために水道やガスの配管工事をし、

 

この3連休は、私たちが廊下や壁面、一部天井の塗料を塗りました。

 

うちの父も駆り出され。すごく楽しそうだった(笑)

 

 

 

塗料は、「リボス自然健康塗料」というのを選びました。

広島の施工代理店さんが幸運にも新しいマアルの場のすぐ近くで、

塗り方のご指導にわざわざTさんがお越し下さり、私たちを盛り上げてくださいました(柔軟体操から始めるから笑った!)。

 

人体への影響、環境への配慮だけでなく、色のトーンもシュタイナーの色彩学を元に、自然素材の顔料を使っているだけあって、

塗っていているとなんだか爽やかな空気。

 

もちろん、普段使わない筋肉を使ったため(笑)

後日、変なところが変な筋肉痛になりましたが、貴重な経験でした。

 

 

 

 

 

 

スタッフのお子さん(2人とも素敵な男の子だったなぁ)、

うちの中3が下地に描いた絵。

この上に杉板が貼られるので、見られなくなってしまうけれども、

実は足元にこの絵があると思っただけでフフフとなります。

 

 

 

私も時々覗きに行くのが楽しみです!

この先のリノベーション風景も、時々こちらでアップしていきますので、ぜひフォローしてください。

 

完成後は、広島のこの拠点で広がる日々のことやお知らせのためのインスタとなります。

 

https://www.instagram.com/marru.sou/

 

 

さあ、明日から東京へ。

いよいよ11/30金、12/1土、12/2日はmarru展basicとspecial です!

 

 

 

 

 

 

濃い日々

何もかも濃いです。

 

今日はとにかくランダムに、メモる日記にしよう。

ひとつひとつを丁寧に何投稿しても収まらないほど濃い体験をさせてもらうことが続いているのだが、

お正月あたりに書けるでしょうか。

 

 

まだ奈良の皮膚免疫アレルギー学会から戻ってきて1週間も経ってない。

学会は、本当に行ってよかった。

心細さがなかなか際立つ出展だったけれど、ものすごくニーズを感じることができた。

一番嬉しかったことは布ナプキンに関心がある皮膚科医の方々が多かったこと。

他にも知り得てよかったことが山のようにあり、

たくさんの資料や課題を持ち帰ってきた。

読みたい。もっと知りたい。学びたい。

 

 

自然療法と西洋医学の融合を目指すお医者様を何人か知っているが、

もっともっといらっしゃると確信した。

 

 

広島に戻ると、押し寄せるようにいろいろ。

とにかく日中は人と話すことばかりが続いて、

気づくと夜。

そこからが少しずつでもひとりでの仕事。

 

 

幸せなことは、目を閉じた途端に眠り、短い時間でも朝までぐっすり。

 

 

奈良では1日に1.5食程度しか食べる間がなく、

交通の悪いところにしか宿が取れなかった為、毎日相当歩いて筋肉痛になるほどだったが、

おかげで足は常に暖かく、

本当によく眠った。

そしてよく動き回っているからお通じも良好。

 

そうだ、お通じに関しても書きたいのだ、

アトピーがひどくて食事療法を頑張っていた頃の憧れは、

「浮かぶ」お通じ。すっきりとして、毎朝。

 

今は出張が多く外食も続くが、

あの頃の私が憧れとするお通じ。

不思議。ありがたい。こういうことも幸せを感じるひとつ。

 

 

 

一昨日はウリボー写真事務所氏とROAMDESIGN氏との恒例忘年会。

彼らとはマアル初期からのビジュアル製作チーム。

忘年会では日付が変わってもいつも馬鹿話。相当な馬鹿話を熱く静かにするチーム。面白い。

 

 

 

翌朝から新しい場所で塗料を塗る。

スタッフのご家族まで協力してくださった。

昨夜ようやく、

新しい拠点用のインスタを立ち上げました。

リノベ前から現時点までアップしたので、ご覧いただけると嬉しいです。

https://www.instagram.com/marru.sou/

 

これも、私にとって、マアルにとってものすごく大きいこと。

ずっとずっと、特に春から夏にかけて深く深く深く考えて決めたことなので、

今は進んでいくのみ。

東から差し込む朝日が何もかもを励ましてくれる場所。

明日もチビすけの入試説明会に行ったあとは(一応受験生の母でもあった。あくまで一応だけれど)

もう一度メンバーと塗料を塗ることになっています。

 

ひとつひとつ、刻み込んで味わおうと思う。

そのひとつひとつの思い出全て、老後の楽しみのひとつになるんじゃなかろうか。

 

 

 

 

 

 

 

いろんな入り口

 

この1ヶ月で3名のお医者さまと、個別にお会いする機会がありました。


皮膚科、小児科、内科。

いずれもマアルの肌着に興味をお持ちいただいたので説明を、ということでお会いしました。
そして3院ともにカタログやサンプルを置いていただくことになりました。

既に置いてくださっている病院の待合室で、マアルのカタログを見たので来ました!というお客様が
早速白島店にご来店してくださり、喜んで肌着をお求めになりました。


嬉しい流れがあります。

本当に嬉しいです。



待合室でお待ちになっている間、

きっとしんどかったり、治療法を求めていたり、いろいろなご状況だと思います。

 

マアルの肌着を初めてみて、

わぁ、なんじゃこら、と思ったり(笑)、

わぁ、柔らかい!と思っていただけたらOK!

 

それまで考えつきもしなかった方法、

「下着を変えてみる」

そして、

 

圧迫感が減り、下腹部が楽になったり、

擦れないようになって、カイカイが減ったりするかもしれません。

巡りがよくなり、よく眠れるようになるかもしれません。

 

 

 

いろんな入り口で、マアルの肌着を知っていただけたらと思っています。

 

 

 

そして、初めての入り口。

皮膚科系の学会で展示してみることにしました。

 

(向かう先は会場の春日野国際フォーラム。行く手を鹿に阻まれつつ、出来てたてほやほやのフライヤーがずっしり入ったスーツケースを引きずりながら設営へ。)

 

日本皮膚免疫アレルギー学会の全国総会が今年は奈良で開かれます。

 

 

周りは医療機器や製薬会社さん達が並んでいます。

 

「アウェイ」感が否めませんし、

毎年出ている助産師学会全国集会と違って知り合いもおらず、

実は心細くてドキドキしていますが、

 

こういうときは座右の銘「なんくるないさ、やってみれ」です。

 

心細くなったらマアルのタンクトップ生成りを触ります(癒される 笑)。

 

 

新しい入り口も、開くためにはノックしてみないとね(ウマイ!)