Recent Posts

marru展ありがとうございました

marru展 basicとspecial、昨日無事終了いたしました。

 

ネットショップを通じての長年のリピーターさん達をはじめ、

PADDLERS COFFEEで知ったという初めましての方々、

前から気になっていたという方々に、

 

marruの肌着に触れ、ご覧いただきました。

百聞は一見にしかずといいますが、

ひとたび触れていただくと説明はいらないな、と思うほど柔らかな"basic"定番商品のオーガニックコットン肌着の手触りと、

胸踊る"special"草木染めの色とりどりの春夏秋冬シリーズ。

 

お越しになった方々が「わぁ」「気持ちいい〜」「きれいー」と仰っていただくのが今も耳に心地よく響いております。

 

お客様の他にも、

 

草木染めダブルガーゼ生地を織っていただいている前田源商店さんはじめ、シシフィーユのご担当者さん、

ネットショップカラーミーショップの方々、

広島からは日帰りでモデルさんもお越しくださったり、竹布のナファの方々、

それから関東在住の友人知人親戚、、、

 

そして、今回、春夏秋冬シリーズのパッケージにプリントされている原画をご提供くださった画家の春日千尋さん、

設営まで手伝ってくださった矢吹菜美さん、

 

 

ほかにも書ききれないほどの方々がPADDLERS COFFEEのギャラリーにお立ち寄りくださって、

 

私と小田、なんど「ありがたい」と言ったかわからぬ程のありがたい3日間でした。

 

 

拠点の広島以外では、marruで初めて主催した単独の展示販売会でしたが、

皆様に支えていただき、日頃からご愛用しているなど嬉しいお声をたくさん頂戴し、

ご褒美をいただいたような3日間でした。

会場を貸してくださったPADDLERS COFFEEさん、3日間ありがとうございました。

 

さすが人気のPADDLERS COFFEEさん、平日でも満席になること度々、土日はたびたびレジ前に行列ができるほどの人気ぶりでしたが、

 

朝のゆっくりタイムに私たちは

ホットドック、自家製栗タルトや、バナナブレッドなど、テラスやレコードのかかっている店内でのんびりする時間もとれました。

ここを選んで本当によかった!と、これまた何度思ったことか。

 

 

今週金曜の新月12月7日に発売となる限定商品も、実はこちらでお披露目しました。

ネットをご覧の方々にも、明日あたりご覧いただけるように準備を薦めております。

広島の実店舗白島店も、来年の移転を控え、あと2週間でファイナルを迎えます。

 

冬至の日に発売のもの控えておりますし、

さあ広島に戻ったらまたこつこつと肌着の企画製作に取りかかるぞ!

 

 

関東の皆様、

本当にありがとうございました。

引き続き https://marru.net を通じて、どうぞよろしくお願いします。

 

タイミングを捕まえる

攻め攻めなタイトルかもしれないけれど、

わぁ、すごいなぁ、こういうことだよなぁ、と鳥肌を立てたのが、

 

野々市のアルさんでのお話会2日目午前の部が終わって、

そのあと金沢の「メディカルリラクゼーション ヘリオス金沢香林坊」さんでのお話会に向かう車中で、お迎えに来てくださった主催の米澤さんからお話を聞いたとき。

 

 

<1ヶ月経ちましたが、10月8日の日記です。>

 

 

ヘリオス金沢香林坊さんは、21世紀美術館の側、街のど真ん中にありながらも歴史ある漢方薬局の上にあってなんだかカッコよかったです。

 

 

この度のお話会を企画してくださった米澤さんは、約3年前、金沢のマアル肌着取扱店舗だったギャラリーフラティーノさんでの布ナプお話会とちくちくWSにご参加くださった、ひとりのお客様。

 

 

9月のある日、

久しぶりに打ち合わせや外出がなく事務所でひたすら作業をしていたら電話が鳴った。

 

ずっとお付き合いしてくださっているフラティーノのオーナーNさんからで「あのお話会に参加した女性なんだけど、布ナプのお話会をしてほしいらしいの。櫻木さんの番号紹介していい?」と。

 

もちろんです、と答え、

 

それから5分経たない間に米澤さんからお電話いただき、

想いや内容に惹きこまれ、あっという間に今回のお話会が決まった。

 

 

私はてっきり、野々市のアルさんでの肌着のお話会をどこかでご存知になったから、石川県に来るなら、という流れでお誘いいただいたのかと思っていたのだが、違った。

 

 

(ちょっとでもお話ししたくて金沢駅であんみつを。食べているのは私)

 

米澤さんは、

「女性が子宮のケアを通して自分で自分を大切にできるように、
知識と体感を共有する機会をつくっていきたい」

 

とずっと思っていらっしゃって、

よし、動こう、と思った時に、

 

光栄なことに(本当に!!!)私を思い出してくださって、まずフラティーノさんに連絡したそうで。

そしたら、たまたま、前日にわたしが「フラティーノさん、金沢行きますー会いたいですー」と呑気に連絡していたので(!)

「あら、櫻木さんなら金沢くるよー」

ということで今回の流れ。

 

 

なんか、あるある、とはいえ、凄くないか。

 

米澤さんが「やろう」と思った時に私も関わらせていただいたことももちろん嬉しいけれど、

 

 

それより何より、

私自身も勇気が出ました。

 

 

臆することもあるけど、手を伸ばしてみると案外、本当にそばに機会は転がっているのかもしれない。

 

 

 

 

超可愛いのにしっかり者でらっしゃる。

またお会いしたいです!

 

ヘリオス香林坊の皆さま、お話し会ご参加の皆さまにも大変お世話になりました。

今回はお話し会の数時間しかお邪魔できなかったのですが、次はゆっくりオステオパシーの筋膜リラクゼーションを受けてみたい。

 

お集まりいただいた方々もとても和やかで、

優しく、女性らしい、とても落ち着く会でした。

 

 

 

のっぽくん&コミュニティトレードアルさんでのお話会

石川県野々市市にある「のっぽくん&コミュニティトレード アル」さん。

 

5月にご挨拶に伺い、マアルの肌着の説明をしていたらスタッフさん達がすごく熱心で盛り上がってくださり、

今回この企画をしてくださいました。

 

 

今回はマアルの肌着のこだわり<形と素材>、

冷えと下着の関係や、

痒みと素材選びについて、

綿からマアルの肌着ができるまでの画像をご覧いただきながらmade in japanで貫くことの難しさをお話したり。。

 

 

 

夜の部、そして翌朝の部、

どちらも満員の20人を超えるお客様。

 

お話会が終わっても残ってご質問を続けてくださる方も多く、

 

皆様、ぎゅーっと聞いてくださっている印象で、

ご熱心さに感動しました。

 

 

 

 

お話会のご感想、アルさんの公式フェイスブックでも書いてくださっています。

 

 

私の熱量がすごい、とおっしゃってくださっていますが、

いえいえ、アルさんのみなさんの熱量が凄いです!

 

パンツの話を2時間近く聞いてくださるって、なんか凄いことだなぁと感動しております。

 

 

 

開店前のアルさんのカフェで、代表の小浦さんが用意してくださったスコーンとサラダ。

さっと塩もみした「ケール」。

これがもう、本当に美味しくて、「どんだけ食べるんですか」というくらい頂きました。

 

ランチも優しくて絶品。

 

フェアトレードの洋服も買い(スタッフの若林さん!自分で言うのも何ですがバッチリ似合いました!)

階下の「のっぽくん」に降りれば美味しい食材が盛りだくさんで、

 

「こういうお店があったらな」という理想です。

 

 

 

アルさんでは10月いっぱい、いつものマアル肌着の種類を増やして販売中です。

ぜひこの機会に、手にしていただけたら嬉しいです。

 

 

改めましてご参加くださった皆様、

そして機会を作っていただいたスタッフの若林さん、中野さんはじめとするスタッフの皆様、

代表の小浦さん、

本当にありがとうございました。

 

 

またお会いできますように!