Recent Posts

ご反応が本当に嬉しいアンド トゥモロー

JR名古屋タカシマヤ「女性のためのナチュラルビューティスタイル展25会記念」に出店中の櫻木です。

今日から3日目。

この2日間「待ってました〜」とリピーターさんがたくさんご来店くださり、
久しぶりで緊張していた私も小田もお客様の笑顔にほっと癒されています。

10月以来の名古屋なので、
初お披露目するものがたくさん。

中でも、
予想を大きく上回る反響に初日に持ってきたものが全部売れてしまい、いきなりの追加で今日補充したのは


アンド トゥモロー のシリーズ。

マアルの肌着の中でもスペシャルに肌刺激の無さと軽さにこだわったこのシリーズ。
昨年12月末、冬至に発売したこちらは、5月中「会員様ご優待価格」を設定しているのでいつもよりinstagramやFBでもアップしています。

肌が辛い状況にある方、
ご体調の加減で圧迫感が辛い方、衣服すら重いと感じるような状態でいる方に向け、
とても薄い、ベールのようなペルーピマオーガニックコットンを使い、
縫製にもとことんこだわったこのアンドトゥモロー。

触れて、手のひらに乗せていただくと皆様お顔が緩まれました。


今回、初日にイベントステージで「冷え、かゆみに 肌着から見直す夏のマイナートラブル」と題し
無料セミナーをさせていただき、
今までよりちょっとだけ長めに、どうしてマアルを始めたか、マアルとしてどんな風に皆様のお役に立ちたいかの想いをお話させてもらいました。

改めて、
全身が呼吸もつらいほどアトピーだった頃を思い出し、
アンドトゥモローをあの頃の自分に渡したいなと思いました。

アトピー以外にも、
癌治療でご闘病中のかたや、
新たな環境でお疲れを感じているというお客様からもリピートでご注文いただいています。

ナチュラルビューティースタイル展は13日(月)(最終日は18時終了)まで。
連日店頭に立っておりますので、
ぜひアンドトゥモローをはじめとするこだわりのマアルの肌着たちに、
触れにお越しください。


広島のマアル[素]のショールームも連休後のお休みを終え、本日から営業しておりますし、
オンラインショップでももちろんお待ちしております。


お客様と触れ合うと本当にやりがいを感じます!

さあ、3日目、タカシマヤへ行ってきます!
 

満月パンツの生成りと茶がスッキリタイプにリニューアルします

 

 



今までのバージョン↑。

この生成りの生地は少し肉厚なので、股下の生地を減らした方がより一層蒸れも減り、
スッキリ履いていただけることが、

すでに発売している杢グレーの満月パンツで体感としてよくわかりました。

なので、生成りと茶も杢グレーと同じ形に。

股下の幅を狭めて、お尻側の生地幅を広げることで、このような形になります↓




生成りの満月パンツ、
今日の時点では旧タイプを販売しておりますが、

生成りのLサイズがいよいよ残り6枚になりました。

茶色の満月パンツはまだ旧タイプも結構あるのですが、

近日中に、同時に新バージョンを発売し、
旧タイプの在庫が終了するまで、新旧どちらの満月パンツもお求めいただける状態になります。

「今の股下に布が多いタイプが好きなの」という方は、
今のうちにお買い求めください。

ちなみにお値段は変わりません。

Wガーゼなどの布帛タイプは、このままリニューアルの予定はありません。
(生地が薄いので、股下の生地幅はあったほうが肌擦れが少なく快適だからです)


常に「よりよく」を考えているマアルのパンツ、
みなさまからいただいたひとつひとつのお声を反映していいものにしていきます。

これからもよろしくお願いします。



 

 

 

アンド トゥモロー 特徴

締め付けず、肌に寄り添うマアルのインナーは、
擦れないように、糸やレースもオーガニックコットンで刺激を減らすようにと素材と形のこだわりを大前提にして作っています。

さらにアンド トゥモローは、「作る理由」にも書いたとおり、
より、低刺激と軽さにこだわった新シリーズ。

・つなぎ目をなくす

・軽くする
・伸び止めなどの化学繊維の助けを借りない、化学加工をしない。

つなぎ目を無くすために、
細かいパーツを接ぎ合わせる一般的な型紙ではなく、
プルオーバーも、ボクサーパンツも、1つのパーツから作りました。
(レースショーツは前後1枚)


縫い方も、
肌に触れる側のロックミシン(ジグザグ縫い)を無くし、フラットになる様、生地端を織り込む、あるいは包むなどして
直線縫いで仕上げてあります。



プルオーバー丸首のわき
 



レースショーツの足ぐり


ボクサーパンツの足ぐり


ロックミシンをほとんど使わず、
職人さんが1着1着低速で縫うこだわりなので
比べ物にならないくらい時間がかかっています。

試作に大幅に時間がかかり、三重県の縫製工場さんの協力のもと、
なんどもなんどもトライし、

ようやく、皆様にお渡しできる目処がたちました。





生地の軽さと縫い方のこだわり。

裸でいるより安心する、裸でいるより体が軽い、そんな1着になることを願っています。


いろいろ作りたい気持ちを抑え、厳選した基本の3着。
1年中使えるものからはじめました。
長袖にすると、1パーツで作ることが出来なくなるし、
パッドポケットをつけると内側に縫い目が出来てしまう。
ですが、いつかはこれらも手がけていくつもりです。

 

 

まずはこちらの3着から始まります。


・プルオーバー丸首

・レースショーツ

・ボクサーパンツ



特設ページも完成しました。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

blog/
アンド トゥモロー 「あわいのような」プロローグ 12/19
アンド トゥモロー 作る理由  12/20

アンド トゥモロー 特徴

 

アンド トゥモロー 作る理由

アンド トゥモロー 新シリーズが12月22日冬至に発売を迎えます

ちょうど30才になった頃、全身のアトピー性皮膚炎を発症したことがマアルの肌着づくりに繋がっていることは
ホームページの「マアルのはじまり」にも書いてあるとおりです。

形のこだわり、
素材選びのこだわり、

常に念頭においています。


新月ショーツ、満月パンツ、タンクトップ、最近ではキャミソール。

これら定番の形に、

バリエーションとして春夏秋冬シリーズのように色を楽しむものを作ったり、
限定商品BLACKのようなお楽しみができるのも、
デイリーユースとしてマアルの肌着を選んでくださるお客様が増えたからです。


毎日の肌着。

色や織りの違いでテンションがあがったり、気分が変わったりできることも大事だと思っています。

いっぽうで、

ここ3年ほどはだいぶ落ち着いていますが、
体調や季節の変化で症状がぶり返し、
マアルの肌着ですら裏返して着ることもありました。

首から鎖骨にかけての症状が特に酷く、
薄皮1枚全部めくれているような時も。

そう言う時は、患部が熱くて火照って、
眠ることすらなかなか出来ないものです。

店頭にお越しくださるお客様の中には、数々の症状を抱えていらっしゃる方も多く、
肌トラブルはなくても、

圧迫感で息苦しさを覚える時期がある、
身体がだる重く、重力が人の倍かかっているのではと感じている、
病気にかかり、手術、そして回復までの間にも、今までなんとも思ってなかった下着が辛い、

といった、数々のお声を耳にします。


人生、いろんな時期がある中で、
「とにかくほっと、とにかく少しでも刺激が少ない、重みが少ない」ことを求める人たちにむけて、
さらなるマアルの肌着を作りたいと思いました。

2016,2017の春夏秋冬シリーズを今年1年お休みしたのは、
これがあったからです。

本当にお休みしてよかった。。。

というのは、想像以上に柔らかい生地で、
試作と再テストが続き、実は発売予定から4ヶ月も遅くなってしまいました。
それがようやく、冬至の日、お披露目の目処がたちました。

※詳しくは商品ページでご説明致しますが、
これまでのマアル肌着以上に、1着ずつの縫製に大変時間がかかるため、お渡しは来年1月後半となります。
ご了承ください。

 


 

 

blog/
アンド トゥモロー 「あわいのような」プロローグ 12/19
アンド トゥモロー 作る理由  12/20

アンド トゥモロー 特徴

 

 

 

 

アンド トゥモロー「あわいのような」プロローグ



あなたを守るベールになりたい

そこにいるような、いないような。


 肌が辛い時、
 衣類の重みを感じるくらい体が重い時、


 ヒリついて、
 眠れなくて、
 熱くて、寒くて

 そんなとき、私と、外界の間 あわい(あはひ)に、安らぐベールがあれば、
 少しずつ眠れる時間が増え、
 少しずつ痒くない時間が増え、

 すると好転のほうへと歯車が回りだす。

少しずつ。少しずつ。

 明日へ繋がる肌着を作りました。




---
アンド トゥモロー
 12月22日冬至の日に発売します。

 発売まで、その想いを綴ってまいります。