Recent Posts

梅雨寒時期の肌トラブルと冷えに その1

梅雨寒ですね。みなさまお住まいの地域はいかがでしょうか。

急に気温が下がるとより冷えを感じますよね。

じめじめして、湿気が苦手なタイプの人にとっても少々しんどい時期ではないでしょうか。

 

冷えやむくみ、肌や粘膜トラブルに見舞われる人も多くみかけます。
もうすぐ土用だし、ギンギラ暑い夏に入る前に一旦ここで整えておきたい時期です。

うちの家族も、鼻ジュルジュルになったりして排泄中。

この時期、
マアルの肌着はもちろんですが、取り扱わせていただいている大切なメーカーさん達の品々にも
超オススメがたくさんあるので、一部をご紹介します。

 


まずはゆっくり入浴。
温まるのはもちろんですが、
カモミールの薬効で、あせもやカブレ、肌トラブルなどにもいい感じに作用します。抗炎症作用があるって嬉しいです。
華蜜恋 薬用入浴剤
私はもう何年もコレで、もっとアトピーが酷かったときは入浴後がとにかく痒くなって辛かったのですが
華蜜恋の入浴剤(といってもカモミールのエキスだけ入っています)にすると、お風呂上がりの痒みが本当に楽でした。
シャワーが沁みて患部が痛いときは洗面器にぬるま湯を入れ、このエキスを入れて混ぜて「カモミール入りぬるま湯」に。
水道水の塩素を中和、カモミールの薬効入りになったぬるま湯が優しくて、そうっと体を洗っていました。

話が長くなりますが、冷えとり中で半身浴を今よりもっともっと熱心にしていたころ、
肌の乾燥が進む一方でした。
気持ちはわかるし、そのあとのケアや入浴の仕方、汗をかける体質orかけない体質色々あると思うんですが、
乾燥系のアトピーがひどい人は長時間の半身浴は注意したほうがいいと思っています。


冷えとりさん以外はサンダルを履き始めていたと思いますが、
冷えを感じていたり、養生したいときは
くらしきぬ 内絹外ウール5本指

ものすごくたくさんの靴下を試して来ましたが、私は1枚目はこれがスペシャルに気に入っています。
内側がシルクで外側がウール。
ふわっふわの柔らかさ、そして履き口が締め付けない。
私は足首周りもすぐカブレてしまうので、正直たまにこの靴下でも履き口が痒くなりますが、
そういうときは履き口をひっくりかえしたり、何かしら工夫しています。

この靴下、冷えとりとは超縁遠いうちの女子高校生や女子大生にも人気で、
洗濯して干すと1足、また1足と取られてしまって私の引き出しに戻って来ません。
彼女達は自宅でのみ履いている模様。

柔らかさゆえ、すぐ指の裏が薄くなったりもしますが、
外出時に履いておきたい日はくらしきぬのカバーソックスを履いたり、
私はもっぱらReLoopの靴下を重ねます。



あと、この時期肌トラブルの人で見直していただきたいのが洗剤。
洗濯槽、カビてないですか?

粉石鹸のすすぎ残りなどで衣類や洗濯槽にカビがあると、
反応する人もいます。

すすぎ1回でオッケーの今までの定番「海へ・・・」や、
7月1日に発売したばかりの、なんとすすぎゼロでもオッケーの「海へ・・・step」。
洗濯槽にカビがつきにくいだけでなく、部屋干しの衣類も匂いにくい。

マアルの肌着の洗濯にもってこいです。


長くなって来たので、明日続きを書きますね。


昨夜は満月農園ポテトチップが届き、50箱、マアルの事務所に満月農園氏とえっさほいさと運びました。
今年もすこぶる美味しいです。
マアルのお買い物の際、ぜひ一緒にお求めください。ほっぺた落ちますよ。





 

 

ゴミにならないパッケージ

2016年からスタートした春夏秋冬シリーズも今年がLast year.

フェアトレードのオーガニックコットン布に、
季節ごとのテーマに沿って画家の春日千尋さんに描いていただいた絵をプリントし、
草木染めした肌着を包むという取り組みも3クール目となりました。

 

年々包み方が難しくなっているようですが、
さすがmarruのベテランスタッフ、
年々包む時間が早くなっているんだなぁ、と動画のTIMEをみて気づきました。

以前はどうしても1分を超えていたので、50秒程度にするために編集していたんです。

今はノーカット。


 

春日さんの絵、
オーガニックコットンの布、
包む人の愛。
 

「ゴミにしないで」と言わなくても、お客様は肌着同様、大切に使ってくださっている。
絵が、季節とともに巡る様子もわたしは大好き。

毎回、季節ごとに描いてくださっているので、まだ秋の絵を私はもちろん、春日さんご自身も知りません。

 

落ち綿の紐をほどくときのドキドキわくわく。

この素敵なパッケージは

coto.toco 矢吹菜美さんデザイン。

 

包む様子を一番下にアップしていますのでぜひご覧ください。

春夏秋冬 春 耕

 

 

春夏秋冬 夏 開

 

春夏秋冬シリーズは、画家の春日千尋さんに毎回コンセプトごとに描いていただいた絵をプリントしたオーガニックコットン布で包んでいます。 紐は奈良県で落ち綿から作られたものです。 この布、洗濯もできますので、お手元に届いたら何かしらのかたちで捨てずに使っていただけると嬉しいです。 マアル事務所で包む様子をご覧ください 春夏秋冬 夏 開(ひらく) 7月7日(日)小暑 午前10時発売 #もうすぐ発売 #マアル春夏秋冬 #オーガニックコットン肌着 #宝島染工 #春日千尋 #草木染め #キャミソール #夏開 #marru #organiccottonunderwear #botanicaldye #naturaldye #ethicalfashion #marru #madeinjapan #camisole #zerowaste #zerowastepackaging

marru マアルさん(@marru.jp)がシェアした投稿 -

下着かぶれでお困りですか?

昨日7月7日発売の「春夏秋冬 夏 開」、たくさんのご注文をいただきありがとうございます。
 

事務所は対応でフル稼働している中、

新月ショーツ生成りLサイズが完売してしまった」とご連絡いただき、

わたしはベスト薬局さち皮膚科横)さんに。

子パンツ満月パンツも品薄だったので、いろいろ補充してきました。


写真に写っている新聞記事は、随分前に取材していただいたものなのですが、それをさち先生が読んでマアルへ連絡してきてくださった思い出の記事です。
今も飾ってくださっていますが、ここに写ってる私と石原が若い!細い!(笑)




気温が上がってくると、毎年薬局への納品数が増えます。
痒みで来院される方が増えるそうです。
ここに置いてあるマアルのショップカードを手に、marru素ショールームへお越し下さる方も絶えません。

そういえば、
ここ数週間、マアルのHPの「つたえたいこと」欄にある、
下着のかぶれ、かゆみでお悩みの人に」というページの閲覧数がすごいらしいです。

昨夜テレビをみていたら、
コマーシャルで「股間がかゆい」とかいうCMが今年も流れ始めていました。
下着事情も夏到来ですね。










症状によっては病院に行って診断を仰ぐのも必要ですが、
下着対策をするか、そのままにしておくかでは、
回復が全然違ってきます。

一時的に薬で治っても、そうなった環境を見直さないとやはりぶり返す方は多いです。
→ なぜか、は、この「下着のかぶれ、痒みでお悩みの人に」をご覧ください。
このページも近いうちいろいろ更新したいと思っています。


下着による蒸れ、かぶれ、
接触性皮膚炎、
アトピー性皮膚炎の悪化、
様々な症状でお困りの方々に、

衣類の面からどうにかお役に立てられたらといつも願っています。

男性用「太陽パンツ」のリピーターさんが今年は本当に増えていて嬉しいです!
レビューを書いてくださったら100point進呈しておりますので、ぜひ7月中にお書き添えくださいね!



 

小暑に「夏 開」 ひらく。


昨日、特設ページがお披露目となりました。

いよいよ週末7月7日(日)、午前10時に
春夏秋冬 夏 開(ひらく)が発売になります。


商品ポリシーや詳しい説明は特設ページと、各商品ページをぜひご覧いただければと思います。

今回、marruとしての新たな取り組みは、
布帛(編み地のように伸びない生地)でのキャミソール
しかもパッドポケット付きです。
これまで販売しているタンクトップやキャミソールは、編み地のオーガニックコットンなので、
多少伸縮性があるので脱ぎ着ができますが、
この生地は織りのコットンなので生地に伸縮性がない、さて着脱可能な状態の肌着にどう形作っていくか。。。

実は過去にもトライしたことがあるのですが、その時は挫折して「いつか」の箱(わたしの頭の中にあります)に入れてしまいました。


2019年の春夏秋冬、夏。

寒いうちから試作を重ね、いろんなスタイルの人たちに試着してもらい、ようやく最終的なパターンが整ったのは春。
まるでシルクのような肌触りのオーガニックコットン生地と出会い、
キャミソールは広島で女性達だけで運営している縫製工場、
満月パンツはマアル自社縫製工場で縫いました。

90番というとても細い糸で織った生地を縫うにはゆっくり低速で縫うことと、
技術が必要。
とてもいい縫いあがりになりました。

 

そして6月。
春 耕」と同じく、福岡県の宝島染工さんに草木染めを施していただきました。


「コーラルブラウン」。
春夏秋冬企画チームの、カラーセラピスト「やどり木」の荒川さんの言葉を借りると、
「日々を生きる女性のしなやかな強さをイメージした
落ち着いたピンク」。

まさにそのような、土色を帯びたピンク色に染めあがっています。



この色、この素材、この形!

女性のもつ本来の美しさを引立てる肌着と言えると自負しています。

若い人も、年を重ねた人も、
痩せていても、ふくよかな人も、
肌が強くても、弱くても。

思いっきり、夏、開いて。


この度のパッケージも、
画家の春日千尋さんに描いていただいた絵をオーガニックコットンにプリントしています。
広げると1枚の布になります。
捨てずに、お手元で何かしら使っていただけたら嬉しいです。


春 耕から続く、「春夏秋冬2019」のものがたり。


二十四節気「小暑」に入る7月7日を、どうぞお楽しみに。


 

大阪/中川政七商店ルクアイーレ店で「心地いいmarru展」開催!

関西のみなさまへお知らせです

このたび、大阪梅田にあるルクア・イーレ7Fにある「中川政七商店」で「心地よいmarru展」を開催してくださることになりました。
期間:2019年7月3日(水)から23日(火)
場所:大阪梅田 ルクアイーレ7F 中川政七商店 (メールマガジンでは6Fと記載しておりましたが7Fです。訂正してお詫び申し上げます)
櫻木在廊:7月15日(月:祝)12時から18時ごろ


日頃から取り扱ってくださっている新月ショーツ・満月パンツはもちろん、
先日発売した男性用太陽パンツの新色や、
ペチコートスカートペチコートパンツ

さらに、期間中にマアルで新発売を迎える!!!(まだ言えません、ごめんなさい!)→
追記:本日画像公開になりました、7月7日発売予定の「春夏秋冬 夏 開」をこちらでも数量超限定で(Mサイズのみ)

追記の追記:7月7日12時、早々に限定発売の春夏秋冬 夏 開(ルクアイーレ店頭販売分)は完売致しました!!ありがとうございます!
 


いろいろ展示販売されます。

サンプルも置いてありますので、ぜひ触れにお越しください。

わたくし櫻木は、7月15日(海の日)に、12時から18時まで在廊いたします。
ご質問などありましたら、直接お尋ねください。

今年初めての関西、とても楽しみにしております。