Recent Posts

八分袖インナー10月1日発売します


昨年、限定で発売したところ即完売し、買い足しのご希望のメールを多くいただくほどご好評だった
「七分袖インナー」。

「マアルのタンクトップ手放せないから、冬は袖付きが欲しい」
私たち自身ずっとそう思っていたので発売してみたのですが、
みなさん同じこと感じてくださってたんだなぁ、
そうよね、欲しかったよね、と、手応えを感じた肌着です。


袖の長さだけ、もう少し長くしたほうが暖かいし、肘のほうに上がってこないと感じたので、
そこだけ修正して
「八分袖インナー」にしました。

出来るだけこのふわふわの生成りのオーガニックコットンで包まれたいので、
襟ぐりをタンクトップよりずっと上に、ボートネック風にしました。

肩の上、袖の下、両脇サイドは縫い目を思い切って外側に出しています。
なんどもテストしてみましたが、
冬は衣類が分厚いので、ここが外側でもシルエットには影響しないものがほとんどです。

ただ、袖ぐりだけは外側に出すと
横幅が張って見えるので、普通に内側にしてあります。




詳しいことは明日、商品ページ「八分袖インナー(パッドポケット付き) 単品」をよくご覧ください。

(9月30日夜10時からシステムメンテナンスでネットショップがご覧いただけない状況になります。

10月1日の10時ごろからご覧いただけます)


発売を記念し、10月中は会員様ご優待価格を設定しています。

冬の必需品になること間違い無しですよー。

八分袖インナー どうぞよろしくお願いします。






 

ずっと使え、いずれ土に還るパッケージ

創業以来、marruの肌着のパッケージは紙と布中心。

土埃の舞う場所への出店時と、限定商品の少量にだけビニール袋を使ったことがあるので、完全に100%とは言えませんが、
基本、土に還らないものは使わない方針です。

 

中でも春夏秋冬シリーズのパッケージは、
マアルの肌着同様、フェアトレードのオーガニックコットン布に毎回テーマの絵をプリントしたもので包んでいます。
紐は奈良県の落ち綿で作った糸です。
 
肌着を取り出した後は、何かを包んだり、変化させたりして、どうぞお使いください。
もちろん洗濯もできます。

 
お客様の中には、過去の春夏秋冬のパッケージを縫い合わせてポーチを作ったり、
ミツロウラップに変化させてくださっている方もいて、
逆に私たちを感動させてくださいます。

 
絵は毎回、テーマに沿って埼玉県の画家の春日千尋さんが描いてくださっています。
テーマ設定はやどり木の荒川ゆいこさん。
パッケージデザインは矢吹菜美さん。
女性たちの手によって生まれています。



 
恒例になりました、
マアルの事務所でのパッキング風景をご紹介します。
全てが有機的な繋がりのもと、かつ持続可能なものであることを願い、
marruは活動しています。

 
発売の9月23日秋分の日は、国連気候行動サミット2019が国連N.Yで開催されますね。
毎日のひとつひとつの行動が、
肌に触れるひとつひとつのものたちが、
環境の負担にならないものであるように。
追伸:bbcのニュースの記事のリンクを貼ります。
今年の夏の日本の様子をみても、世界中の出来事は他人事じゃないですね。
つい便利、楽に流されてしまう自分の日常ですが、改めてmarruを通じて意識しようと思うのでした。

宝島染工さんのこと



マアルの春夏秋冬2019シリーズの草木染めを担っていただいている

宝島染工さんのことについてご紹介します。


3年前にオランダで開催された mono japan という日本のクラフトに特化した展示会にマアルが初出展した際、
出展者の中心メンバーに宝島染工さんがいらっしゃって、
そこで「藍」の作品を数々拝見しました。


ジャパニーズブルー、と表現される藍染めですが、
独特の揺らぎ、深さ、かと思うと光が反射するような照りもあり、
日本人が昔から親しみをもって使っていた藍って、
改めて、美しいものなのだなぁと感じました。


宝島染工の代表の大籠さんは私と同い歳の女性。
いつも指が藍の色に染まっていらっしゃいます。

染色を短大で専攻し、
アパレルの世界へ。

様々な染め関わり、30歳で天然染料を昔ながらの染め方をする、にこだわった宝島染工を立ち上げます。
今やオリジナル商品で海外に出展されるほか、
超有名アパレルブランドの染めも数々担っている、注目されつづける存在の染工場。


日本の繊維業界は衰退の一途で、
どの工場も若い人の姿を見ることは少ないのですが、
昨年の春に、マアルの社員研修で工房にお邪魔させていただき、
若い人たちが手を藍に染め、
いきいきと働いていらっしゃる姿を目にしました。

憧れの女性、憧れの会社です。

その時に、
「来年の春夏秋冬シリーズの染めをぜひお願いしたい!!!」とご相談し、
今回の運びになりました。


草木染めは、時によって
色落ちや退光、汗に反応することもあり、
また擦れることで薄くなったりと、

いろいろ、変化する場合がございます。


一方で、
染めた時の日差し、染め材の個性、もともとのオーガニックコットンのもつ油分、
使う人の暮らし、
様々な要素で、

唯一無二の色に育つのが「草木染め」です。
さあいよいよ、23日(月/祝)、春夏秋冬 秋が発売します。
特設ページ公開となりました。



※画像全て 宝島染工HPより許可を得て掲載しております

素で初ライブ ”11月とCadencia” お申し込み受付開始します


【ライブ予約受付開始!!!】


marru素souの夜は、窓から見える川の水面に街の明かりが反射してゆらゆらして、とてもいい感じです。


11月。

しっとりと秋も深まった夜の素で、こんな素敵なライブ開催されることになりました。


東京からいらっしゃるクラリネットとギターでノスタルジックなサウンドを出すNyaboSseboさんと、
UAやくるりとご共演されている神田智子さんをヴォーカルに迎え、
広島在住の画家nakabanさんがステージで幻燈的なドローイングを繰り広げるライブ。


必聴&必見です!

長いブログになりますが、文末にコメントも入れておりますので、
ぜひ最後までご覧ください。



NyaboSsebo & nakaban 「11月とCadencia 」
クラリネット ギター 声 幻燈

会場 マアル素sou
11月2日(土) 開場18:30 開演19:00
料金3,500円(税込) 現金でのお支払いのみ
お席が必要なお子様〜高校生まで1,500円

ご予約はメール sou@marru.net で。
タイトルに11/2ライブ予約 と記載し、本文にお名前、人数、連絡のつくお電話番号をご明記ください。
携帯から送信する場合、sou@marru.net から返信を受け付けるように設定にご注意ください。


marru素sou
広島市中区本川町2-1-4 浜本ビル2F
Tel:082-836-3667
駐車場がございませんので、近隣のコインパーキングをご利用ください。

広島バスセンターから徒歩約12分、広島電鉄本川町駅から徒歩3分 .
※この日のショップ一般営業は10時から15時までとなります。.



NyaboSsebo 

ニャボセボ2017年、黒川紗恵子(クラリネット)と田中庸介(ギター)により結成。

クラリネットとギターのノスタルジックなサウンドを中心に、ボーダーレスな景色を映し出す楽曲が魅力。


黒川紗恵子 (Clarinet) 

東京芸術大学器楽科卒業。在学中ブラジル音楽に興味を持ち渡伯。帰国後、プロのチンドン屋として、各地を巡業した。コーコーヤ、バロンと世界一周楽団、NyaboSseboのメンバーとして活動。CM、映画音楽の他、多くのアーティストとのライブやレコーディングに参加。2016年より体に優しい下着ブランド"JUBAN DO ONI(ジュバンドーニ)"の代表を務める。
 


田中庸介 (Guitar) 

ブルースやジャズをバックグラウンドに、近年はタンゴなどの南米音楽を融合させ、日本 人の感性で演奏と作曲を行うギタリスト/作曲家。アーティストのコンサートやCD録音な どに参加する他、映画やドラマ、絵画や書、ダンスへの演奏や楽曲提供も行う。『佐藤鈴木田中』『Tango-Jack』『NyaboSsebo』など、多くのバンドやユニットで活 動。


神田智子 (Voice)

東京芸術大学声楽科卒業。anonymassworld standardに参加。 現在はソロでの活動のほか、UA、くるり、never young beachなど多くのアーティストのライブやレコーディングにコーラスとして参加。CM、映画、ドラマなどの音楽にも多 数声を提供している。



nakaban (Drawing)

画家。広島市在住。絵画、書籍の装画、文章、絵本、映像作品を発表している。 画家としての活動の傍ら、音楽家トウヤマタケオとの『ランテルナムジカ』や阿部海太郎との『洋梨の考古学』のメンバーとして、ステージで幻燈的ドローイングを描き続けている。NyaboSseboとは初のツアー。



なお、「11月とCadencia」ツアーで4箇所開催します!

-------
11/1(金)
吉祥院(鳥取県倉吉市西岩倉2189)
 フード出店 夜長茶廊
開場18:00 開演19:00
料金3000円+1drink500円 ※小学生以下無料
ご予約はお電話、店頭でのお申し込み

お名前・ご連絡先・人数を夜長茶廊までお伝えください。
TEL:0858-22-2083
(月曜休 11時から19時 日曜ランチのみ) 詳しいスケジュール→ yonagasarou.com
◆お車でお越しの方...専用駐車場をご用意しております。
主催:夜長茶廊
-------

11/2(土)

マアル 素 sou 
上記をご参照ください。

-------
11/3(日)
ニューオダ理容室 MIRROR (広島市南区旭2-21-23)
開場16:00 開演17:00
料金3500円 ※小学生以下無料 お席が必要なお子様〜高校生まで1500円
ご予約はメールで

件名を「11/3ライブ予約」、本文にお名前・人数・お電話番号を明記の上、下記のアドレスまで送信お願いいたします。
atuoda@liac.ocn.ne.jp
◆お車でお越しの方...専用駐車場はございませんので、お近くのコインパーキングにお停めください。
主催:ニューオダ理容室


-------
11/4(月/祝)
Belly Button Products (広島県東広島市豊栄町清武352)
開場14:00 開演15:00
料金3500円 ※小学生以下無料 お席が必要なお子様〜高校生まで1500円
ご予約はメールで

件名を「11/4ライブ予約」、本文にお名前・人数・お電話番号を明記の上、下記のアドレスまで送信お願いいたします。
atuoda@liac.ocn.ne.jp
◆お車でお越しの方...専用駐車場をご用意しております。
主催:Belly Button Produts
---------

 

ニャボセボの黒川さんは、
ジュバンドーニという下着のブランドの代表をされていて、
わたしはニューオダ理容室さんを通じて黒川さんと出会いました。

下着に求めるところがとても共通していて、
ご縁をいただけてとても嬉しいです。

そして彼女が実は、まず音楽家で名を馳せてらっしゃるということを後で知り(失礼極まりないですね、、わたし)
マアルの小田さんからCDを借りたら目がハートに!

クラリネットの音色にギターが重なり、ジャンルわけ出来ないような、
そこには独特の世界感がありました。

生で聴きたい!と思っていたら、
このようなお話となり、記念すべき「素」での初ライブ、こけら落としがNyaboSseboさんという願ってもないことになりました。

しかも、2012年に宮島ブックトレイルという思い出深いイベントでご一緒させていただいた、
大好きな画家のnakaban さんがNyaboSseboさんのCDジャケットのイラストレーションを担当していらっしゃり、
今回初のツアーということで会場でドローイングされます。

書いていて鳥肌が出そうなこのライブ!
記念すべきロマンティックな素souの夜になりそうです。
ご家族づれ、カップルで、お一人様、どなたも大歓迎。

ぜひご一緒しませんか?






 

 

 

 

 

 

 

 

【今も残る日本の手工業。途絶えてしまうと簡単には戻らないもの】

 この動画は、一昨年、マアルのWガーゼ茜を織っていただいている富士吉田市の前田源商店さんを訪れた時、近隣に点在する工程ごとの小さな工場を回り、見せていただいたもの。

 

茜に染めたオーガニックコットンの糸の枷(かせ)を、 糸巻きに巻いていく工程です。

 

すでにこの工程は電動に取って代わっているそうですが、 この前までこうやっていたし、こんな風にするんだよー。と
70代でしょうか、お元気そうなおばあさんが教えてくださいました。
女性の仕事で、 お母さん、おばさんがするのを子どもの頃から「目で見て覚えた」とおっしゃっていました。
一朝一夕にはとても身につけることができない技術。

 

日本中の繊維業界で今、こうした技術がどんどん消えていっています。
機械化して続いていく場合もありますが、 多くは賃金の安い海外製にかわり、 工程ごとに支えている小企業が閉鎖を余儀なくされています。
マアルの肌着は日本製。

縫製だけでなく、レース、生地を織るといったところも日本の小さな工場さんに支えていただいています。
 

あと10年経っても、今お世話になっている工場さんたちと一緒に 大事な肌着を作りたい。
 

本気でそう思っています。
それは小さなマアルだけではどうにもならないことかもしれないけど。。。
 

1枚1枚のパンツが 何工程もの、何社もの方々の連携でできていることをこうしてみなさまに知っていただきたいです。


-----

広島 @marru.sou では、930日に前田源商店の取締役、前田富男さんにお越しいただき、
オーガニックコットンのこと、 こうした日本の現場のこと、織物のこと、いろいろお話し聞かせていただきます。
 

9/30(月) 10:15〜  coyashi企画「優しい’コットン衣類ってなんだろう?」
参加費800円+税

詳細をお読みの上、お申し込みください