Recent Posts

ご褒美。

嬉しかったこと。
ネットショップを開いて半年経ったころ(2011年)、
ぴょんと長崎からご注文が入った。
 
インターネットは世界に繋がっているというが、
主婦がひどい写真をとり、説明文は熱意のあまり長文で何がいいたいかわからなくなっているくらい、
こんがらがっていたネットショップだったので、
世界どころか、友人と親戚とその紹介の方くらいしか注文が入らなかったネットショップ。
 
それが、
「誰の紹介でもない、知らないお客様」から、
ぽつり、ぽつりと数日に1件ご注文が入り始めた頃だった。
 
嬉しくて嬉しくて、
納品書にびっしりとお手紙を書いた。
 
そこから、度々ご注文をくださるようになり、
ご注文の都度、添えてくださるメッセージから
同い年ということが分かり。
近況を伝え合うようになった。

 
6年前、法人化と同時に白島店を開いた時には、
なんと長崎からお越しくださった。
 
そして今日。
 
お忙しい合間をぬって、日帰りでご友人と長崎から「素」souへ。

 
嬉しかった。本当に嬉しかったです。

 
ネット上の繋がり、とか、リアル、非リアル、とかなんだかんだと耳にするが、
そんなのその人がそこをどう見ておきたいか、だけだと思う。

 
名古屋タカシマヤに出店の都度、マアルスタッフとしてお手伝いしてくださるHさんも、
東京のNさんも、
東広島のSさんも、
あの方も、この方も。

 
お給料なんて何年もなかった頃、「でもやりたい」という気持ちを支えてもらえたのは、
こういうお客様がいてくださったから。

 
長崎の、桃の節句にいただくという「桃カステラ」。
お土産に頂戴した。
優しいお味でした。

マアル素sou 椅子

ロロスツールというさしものかぐたかはしさんの定番スツール。

座面に使う生地をマアルからお渡しして、特別にmarru lolo stoolにしていただきました。

パノコトレーディングさんに相談に乗っていただき、
世界中の農場に思いを馳せるような、

フェアトレードのオーガニックコットンで出来たひとつひとつ違う生地を選びました。



8号キャンバス 
経糸/緯糸 共に bioReプロジェクト  インド/タンザニア産 生成り



カラードデニム グリーン
経糸 bioRe インド/タンザニア産 生成りと、ブラジル産のカラードコットン(グリーン)との杢糸
糸 bioRe インド/タンザニア産 生成り
 

 
ヘリンボーン
経糸 bioReプロジェクト インド/タンザニア産 生成り
糸 bioReプロジェクト インド/タンザニア産 杢糸グレー


8号キャンバス
経糸 bioReプロジェクト インド/タンザニア産 生成り
糸 ワイルドコットン ペルー産 茶綿
 

ほんのり違うファブリックの色。

大切に育てられ、海を渡ってきたコットンです。

 

座り心地も最高です。

 

ぜひ座ってみてくださいね。




 

素souはじまる

マアルの新拠点「素」souの、川側に設けたショールーム兼イベントスペース。
2月10日(日)にオープンし、今日でちょうど1週間経ちました。


白島店からのお客様が驚いてくださるように、
このグリーンのドアの写真はオープンまで秘密にしていました。

そうです、白島から本川町に連れて来ました。

お客様が「あらー!?このドアってー!?」っておっしゃる驚きの声を聞くのが快感です(笑)


オープン初日はショールーム奥で
「imatokocoさんと干菓子を作りましょう」、
翌日は
「前田佐和さんの生理が大好きになるお話会、更年期が楽しくなるお話会」松田笑店さんのベジカレーランチ。
13日は「imatokocoさんの練り切り教室。」

オープンを記念して、1週間の間にcoyashi企画を3つ開催し、おかげさまで全て満席、大賑わいでした。

素のinstagramではもう少し写真をアップして報告しているのでよろしければご覧ください。)


縫製工場側から窓越しにお客様の様子を眺めることが、
こんなにいいものだとは。

皆さんの熱気が伝わって来て、準備をしながらも嬉しくてたまりませんでした。

この窓を設計してくださった、さしものかぐたかはしさんは、「むしろこの窓はマアルで働く人たちの喜びのため」とおっしゃってましたが本当に。



素souのショールームは、大前提として
「マアルの肌着や布ナプキンが生まれる会社の中にある」。

素材を確かめ、試着もできます。
もちろん布ナプキンのご相談にも応じます。

そして、肌着とともに、心からお勧めできる厳選した他社メーカーの衣料品、雑貨等も販売しています。
安心である、心地いいものでことはもちろん、使っていると心が豊かになったり、
暮らしが楽しくなったりするものたち。
取り扱わせていただいているメーカーさん達は、全て交流させていただいており、
皆様本当に憧れる素敵な会社さんばかりです。

さらにこの場をイベントスペースとしても共有し、
マアル主催のcoyashi企画<いずれ自分の肥やしになるような>講座やワークショップを開催したり、
他の方主催で面白いことをしていただいたこうと思っています。
生産者さん達、メーカーさん達がいらっしゃることがあれば、
お客様を招いて一緒にお話を聞かせてもらう場にもします。


イベントが入っていない日も、もちろんショールームとして動いていますし、
同じ空間で私たちが打ち合わせをしていたり、商品撮影をしていたりしています。
ガラス越しの小さな縫製工場部分ではミシンが動き、
全国に発送する荷物を準備している者もいます。

そういう風景も丸ごと楽しんでいただけたら嬉しいです。


「広島行きたーい!」「マアル素に行きたーい」そういう声が、全国のお客様からどんどん届くようになるといいなぁ。

この数日、早速県外からもお客様が複数いらしてくださいました。


予想もしなかった、たくさんの、本当にたくさんのお花やプレゼント、メール。
そしてお心も寄せていただいているのも感じています。

初日の閉店後、「せっかくだからお花を集めて撮りましょう」というメンバーの発案で、
あちこちに飾らせていただいていたお花たちを1箇所に集めて撮影しました。

またひとつ、一生の忘れない思い出になりました。


ラインチームの二人が毎週日曜18時に、広島のマアルLINEにて今週の営業日、営業時間を配信することにしました。
早速本日配信されていましたね。
ショールームは不定休なので、必ず営業日、時間を確認してからお越しくださいませ。

「素」までの道案内も、スタッフブログで桜井が紹介しています。

縫製担当Rが縫ってくれた出来立てほやほやのオーガニックコットンの制服を着て、
新しい場「素」souで皆頑張っています!


皆様も一緒にこの場を楽しみ、育ててくださいませ。
これから末長く、どうぞよろしくお願いします。

 

素晴らしいIKEUCHI ORGANICタオル、取り扱い始まりました。

素晴らしいオーガニックコットンの取り扱いが始まりました!!!

メールマガジン2月号で少しだけ触れましたが、
初めて使ったとき、あまりの気持ちよさに「一体これまでのタオルはなんだったんだー!」と驚きました。
以来すっかり虜になり、
お取り扱いのお願いをして、この度の運びとなりました。

IKEUCHI ORGANIC社のオーガニックコットンタオルです。


まずは代表的な2種類を2色ずつ入荷しました。
マアルのオンラインショップでは今日から、広島の拠点「素」souのショールームではオープン初日から発売を開始しました。

詳しくはオンラインショップの各商品ページに記載しておりますが、
大まかな説明を少し。



<オーガニック120>
「IKEUCHI ORGANICのタオルとは」を知りたい、感じたいならまずこれを。
永久定番で、もっとも売れているタオルがコレだそうです。
この120シリーズを軸に、もっとふわふわ、もっとしっかり、もっと〇〇、と特徴ある他シリーズを展開されているのだそう。

マアルの新月ショーツ「生成り」と同じだな、と思いました。

そう、ちなみに、IKEUCHI ORGANICさんは、マアルの肌着「生成り」と同じフェアトレードオーガニックコットン、
bioReプロジェクトの綿を100%使っています。
実は、一昨年わたしがインドのbioReプロジェクトの農場へ行かせてもらった際のメンバーの中に、
IKEUCHI ORGANICの社長さんもいらっしゃって、
移動バスの中でいろいろコットンのことを教えてもらいました。

IKEUCHI ORGANICのタオルは「風で織るタオル」という別名があります。
タオルの産地今治の工場は、風力発電で動かしていて、
素材だけでなく、動力源まで考えていらっしゃる、、マアルが目指しているところの何キロも先を歩いていらっしゃる会社で
憧れます。




オーガニック960
IKEUCHI ORGANIC社が今作ることができる、ベストなタオル。だそうです。
細い3本のオーガニックコットン糸を濃淡の差をつけてそれぞれ染め、1本に束ねた糸でパイル織りに。
味わいのある美しい色合い、
吸水性の良さ、そして柔らかさ。
全て兼ね備えた「ベスト」なタオル。



今、誰か大切な人に肌着以外で贈り物をと考えるなら、私はこのタオルです。
ついでに「何が欲しい?」と聞かれても、このタオルって言います(笑)


こういう、心も満たされる豊かなタオルを、
毎日の暮らしの中で少し用意したい。
吸水性も高く、乾きもよく、洗濯機でガンガン洗っても丈夫だから、
そんなに枚数は要らない。

使い捨てにしないで済む。

何より、気持ちいい。

本当に惚れ込んでいます。
まずは1本使ってみてください。ウォッシュタオルでも満足していただけるはずです。



IKEUCHU ORGANIC タオル





 

素 coyashi募集 志庵鍼灸院 山口誓己先生 「30代以降の現代女性の体と心で、大切にしたい心構え」

3月9日(土)14時開場、受付開始 

お話14時15分〜1時間半程度 

参加費 4,000円(中/高校生半額・小学生以下無料)

会場 マアル素ショールーム兼イベントスペース  広島市中区本川町2-1-4 浜本ビル2F map →  https://goo.gl/maps/CEq1pUG5yTu

 

 

 

母世代と私たちの世代では、暮らし方も、働き方も少しずつ変わって来ました。

体と心はその変化に順応しているのでしょうか?

今を生きる私たち女性に、悠久の歴史を持つ東洋医学の観点から山口先生がアドバイスをしてくださいます。

先生が院長をしていらっしゃる志庵鍼灸院のプロフィールには、こう書いてあります(一部抜粋)
 

「あなたの夢・目標はなんですか?その夢や目標を叶えるためには、時には様々な困難に出会うはずです。

それを乗り越えるためには、あなたの心身は常にベストな状態でなければなりません。

皆さんの夢・目標

つまり人生における志(こころざし)をかなえる場所(庵)であってほしい。

そんな想いをこめて志庵(シアン)と名付けました。」

志庵院で鍼治療を受けた帰りは体だけでなく、
気持ちも明るく落ち着くのが常。特に先生と話をしていなくても、です。
先生の講座を拝聴すると、鍼治療を受けたあとのような気持ちになるのがこれまた不思議。

膨大な東洋医学の知識をもとに、わかりやすくお話ししてくださる山口先生の講演会。
必聴です!!!
 

きっと、どなたにもベストなタイミングで

春の背中をそっと押してくださるような、暖かな手を差し伸べてくださるような、

そんなお話が聞けることと思います。

 

 

 



※開催3日前のキャンセルにつきましては参加費の半額のキャンセル料金をいただきます。
お申し込みは、sou@marru.net へ。
イベント名、お名前、携帯番号を必ずお書き添えください。
受付後、平日営業日にマアルから返信します。1週間近く経っても返信がない場合、お電話でご確認ください。
携帯からお申し込みの方はこのアドレスからのメールが受信できる状態にしておいてください。
お申し込みは先着順です。
ご予約のキャンセルは他の方のご迷惑になりますので、できるだけお控えください。


 

当日は11時〜13時までショールームが一般営業となります。
coyashiお申し込みの方だけ講演会後のお買い物が17時まで可能です。