Recent Posts

ノンパッケージの取り組みスタートから3週間経って

旧暦新年の元旦、125日から始めた「ノンパッケージ(無包装)」。
早くも3週間が経ちました。
 
ノンパッケージの取り組みについてのページはこちら
Live together in Harmony 持続可能な社会のためにマアルができること 
 


封筒の紙パッケージに入れず、直接肌着をお渡しすることになるので、
どうしても返品交換不可の条件がつきます。
 
ノンパッケージ該当商品であることが浸透するまでは時間がかかるだろうし、
気づかず商品をカートに入れてクリックすると
まずは通常通り「パッケージ有り」の選択になる設定なので、
 
おそらく当面は「ノンパッケージ」をご選択される方は多くて1/5くらいかなぁ、、と思っていました。
 
 
ところがどうして。
嬉しい誤算。
 
 
「家に着いたらすぐ開けちゃうからゴミになるし、パッケージはいらないわ」という人のほうが多く、
 
ネットショップでこの3週間の統計を出したところ、
60%もの方々が 「ノンパッケージ」のご選択をされていらっしゃいます!
 
店頭でも同様です。


 
この嬉しい報告とご挨拶をしたくて、
一般社団法人more treesさんに伺ってきました。
(ノンパッケージ1着につき20円をmore treesさんに寄付することになっています)

 ©more trees


日本の森の現状のお話や、
今でこそオーストラリアの森林火災がNEWSになっていますが、
世界各地で頻発している森林火災があること、
森が消えると、土が保水できなくなり、川が枯れたり水質が悪化し、
ひいては海が、、の連鎖が起きてくること、といった現状などをお聞かせくださいました。
 

その上で、日本や一部の熱帯雨林にただ木を植えるだけでなく、
生態系が復活するような取り組みや、
適切な間伐の大切さや、国産材を活用したプロダクトの開発など、
多岐にわたる取り組みのご紹介をしてくださいました。
 
 
毎日「森」自体に関わって暮らしている日本人はほんの一握りかもしれないけれど、
森があるから川があり、
飲み水が生まれ、
海がきれいで魚がとれ、、


つまり日々の生活と森は密着しているんだ、ということ。
 

知ってはいても、すぐ毎日に流され、
すぅーっと縁遠くなってしまう自省を込めて拝聴しました。

 

自分が使う分だから、パッケージはいらないわ、ゴミも減るしね!
という選択が、こうした森林保全に繋がっていくって本当に嬉しいし、気持ちがいい!
 

新たに始まった取り組みから、
嬉しい繋がりが生まれていることを再認識してきました。



 

ramo×TANE @素sou 味噌作りと発酵スパイスプレートの会 Hitotema『一手間』

追記)2月19日現在 こちらは「味噌づくりと発酵スパイスプレートを食べる」部がキャンセル待ちになっています。

お食事のみの部はもう少しお席がございます。

 

 

ramo × TANE @素sou
味噌作りと発酵スパイスプレートの会
Hitotema 「一手間」
〈一般募集開始! 〉

先行して広島版メールマガジンにご登録の方に案内をしておりますこちらのイベント、
本日より一般募集を開始します!


ramo × TANE @素sou


味噌作りと発酵スパイスプレートの会
Hitotema 「一手間」


味噌作り、スパイス料理、それぞれの「種」に一手間を加える事で様々なものに変化します。
日本とインド、それぞれに伝わる発酵文化があります。
私たちが感じ、伝えたいもの。

是非、重ねた時の変化を感じてください。

3月22日 sun

🌿味噌づくりワークショップとTANE発酵スパイスプレート(south indian chai 付き)
受付10時15分〜 10:30〜14:00
¥5500(税込) 材料費、お土産、食事代込み
定員16名(予約制)
持ち物:エプロン、手拭きタオル

 

🌿TANE食事会 発酵スパイスプレートsouth indian chai 付き
受付14:15〜 開始14:30〜
¥1800(税込)
定員16名(予約制)
席の都合上ご相席をお願いします。

 


いずれもお子様づれの方はご相談ください。
お子様プレート1,000円のご用意もございます。 

 


【 ramo 】
米と大豆を中心に
農薬は肥料を必要としない
できるだけ自然のリズムに任せることを心がけ
兵庫県にて小さな農園を営んでいます。
その時のご縁で集う人達と
味噌を仕込み発酵の経過を見守りながら

出来上がったお味噌の味を交換し
分け与えることのできるコミュニティのつながりは
何ものにも変えられない菌の世界 

 


【 TANE 】
南インド料理には、医食同源の考えに基づいた、生きた智慧が脈々と受け継がれています。

私たちは食べたもので出来ています。
食べものは、身体をつくるだけでなく、心の栄養にもなると思っています。
食べることで身体を整える。
身体が整うと、なんだか心まで整うような、そんな食事を提供できたらと思っています。
身体や自然に負担になることなく、身体と心に滋養のある食事やひとときになるように、心を込めて作っています。
大分県別府市にて、店舗営業中。 

 


<coyashi お申込みに際してのお願いとお申込み方法>
お申し込みの際は、sou@marru.netに イベント名、お名前、携帯番号を必ずお書き添えください。

受付後、平日営業日にマアルから返信します。

1週間近く経っても返信が無い場合、お電話でご確認ください。

 

携帯からお申し込みのかたは、sou@marru.netからのメールを受信できる状態にしておいてください。
ご予約のキャンセルは他のお客様のご迷惑になりますのでできるだけお控えください。

 

 ※キャンセル料金について

いずれも2日前(3月20日(金))から半額のキャンセル料金が発生します。当日は全額となります。ご注意ください。 .

※アレルギーがあるかたはお申し込み時にお伝えください。 

----------

 

兵庫県の丹波篠山から、そして別府からそれぞれお越しくださる、
大変貴重な機会です。

彼らの魅力を私の拙い言葉で伝えるより、
ぜひ、一度、会っていただきたいぁ。

細胞が綺麗になっていくような、
新しく美しい未来がはじまるような、そんな気がします。

つぼみ膨らむ3月の素で、ぜひご一緒しませんか?

 

 

 ※味噌作りと発酵スパイスプレートの部は、すでに残席わずかとなっております。
気になっていらっしゃる方はお早めにお申し込みください。


会場 marru素sou

広島市中区本川町2−1−4浜本ビル2F
駐車場はございません。
近隣の駐車場をご利用ください。
公共交通機関でのお越しをお勧めします。
 

coyashi企画 山口先生の「悠久の歴史をもつ東洋医学の観点から、現代を生きる皆さんへ今、伝えたいこと」

※こちらのお話会は、広島版メールマガジンご登録の方に先行告知、そしてinstagramに書いた時点で定員を超えるお申し込みをいただきました。2月10日現在でキャンセル待ち6番までお申し込みをいただいております。

 
春のテーマ『様々な困難を乗り越え、心身ともに人生を謳歌する』



昨年2回マアルでお話会をしていただき、毎回「次はいつですか?」とリクエスト殺到の大人気の山口先生のお話会。
今年は、「先生が今、私たちに伝えたいこと」と題し、
先生の中でその時々に浮かんだお題をもとに、
お話していただくことになりました。


春、3月のテーマ。
人生は山あり谷あり。心と身体に、様々な時期が与えられます。
そこを乗り越え、夢を実現し、人生を謳歌していくために、
どのようなことを意識し、暮らしていくのか。

体調、仕事、子育て、男女関係、暮らし、
私たちの毎日に密着したあらゆる課題を、悠久の歴史をもつ東洋医学の観点からわかりやすく紐解いてくださいます。


今、悩みがある人も無い人も、
人生の不思議、体の不思議。
実はそれが東洋医学に基づいた陰陽の揺らぎの中にあることを知り、
拍手を送りたい気持ちになるお話会です。



3月7日(土)14時開場 お話14時15分〜1時間半程度
参加費 4,000円(中/高校生半額・小学生以下無料)+税
定員40名 先着順 .
.
※キャンセル料金について
こちらのお話会は2日前(3月5日(木))から半額のキャンセル料金が発生します。当日は全額となります。ご注意ください。 ※お話会当日3月7日(土)は10時〜13時までショールーム営業となります。講演会ご参加の方のみ、講演会後のお買い物が17時まで可能です。

----------------- .

お申し込みは sou@marru.netへ
タイトルに「山口先生のお話会」などタイトルを書き、
文面にお名前、携帯電話番号をお書き添えください。

会場はお申し込みの人数により、座布団で座るかた、椅子に座るかた両方になる場合があります。
お体のご都合で椅子を希望されるかたはお申し込みの際お伝えください。

お子様連れの方は年齢をお伝えください。
お子様が退屈される等して講師の方のお話が聞きづらい状況になるようでしたら外へ出るなどして気分転換をお願いします。

お申し込み受付後、事務所営業中に担当者から確認の返信をします。
数日経っても返信がない場合は、マアル082-836-3667までご連絡ください。
携帯からお申し込みの方は、
sou@marru.net からのPCメールが受け取れる状況にしておいてください。




 

久留米絣くるめかすりの新柄、2年半ぶりに登場します!

私たちが久留米絣と出会ったのは2017年。

伝統工芸とのコラボレーションで、限定企画としてオーガニックコットンで織っていただき、2017年2月4日の立春に発売しました。

その日はオランダで開催されたmono japan という展示会に出展していたので、
アムステルダムでも同時発売という、

なんかカッコいい響とともに思い出がいっぱいあります。

(絣の製造工程を説明する資料を英語で作ったなぁ、、)

 


マアルの肌着用に、特別にオーガニックコットンで織っていただいた久留米絣。

それが予想をはるかに超える気持ち良さで、
どうしても継続して作りたくなり、
さらにショートパンツやロングパンツまで品目を増やして、
赤い大きなドット柄とともに定番化したのが同じ年の夏。


30の工程を経て、約3か月かけて織り上げる久留米絣の生地。
独特のかすれ具合、糸と糸との間にはらむ空気感は、
まるで〇〇のような、と言い表せない独自の気持ち良さがあります。

今回、久しぶりの新発売となるグリーンドットは、
縦絣たてがすり(縦糸だけをくくり、模様をつけ、横糸はプレーンなまま)という技法。
同じ縦絣のグレードットよりもさらに柔らかく仕上がったのは何故だろう?。


色は紺地ベース、大きめのグリーンが差し色になっていて
とてもいい柄!気に入ってます。

 

最初のうちは色が出てくるので、お手数ですが単品で、あるいは色の薄いものとは分けてお洗濯してください。

絞ったらすぐ取り出して干してくださいね。

 

絣は最初のうちは生地に糊も残っているので硬く感じるかもしれませんが、

こうして洗っているうちどんどん柔らかく育っていきます。

 



marruのinstagramFacebookで数回にわけ、
下川織物さんに撮っていただいた今回のグリーンドットの絣ができるまでの工程写真をアップしています。

ここでは少しだけご紹介

糸を枷にし、くくり、まずはベースの紺に染めたところ。
洗って干しています。

カラカラカラと移動させながら回しているうちに、括り糸が外れていく仕組み。


括りを外すと、水玉になる予定の染まっていない生成りのオーガニックコットンが見えます。


今回は上からさらにグリーンで染めました。


(この写真が一番好きです)
糸の束をほどき、糸を配列していくところ。

↑これ、分りますか?機械の手前では横一列に並んだ水玉が、
水玉1つ分の糸を互い違いにレーンの下に通すことで、
互い違いの水玉模様となって出てきます。
シンプル!だけど考えた人すごいー!!



織り機に縦糸をセットし、いざ織り始めます。
織りあがったら生地を湯通しして糊をおとし、綺麗な井戸水で洗って自然乾燥。


この数枚の画像を見ただけでも、
機械織りとはいえど、いかに人の手がかかっているか、
長年の職人の塩梅、技が必要としているかを推測できます。
昭和30年代のものという機械達を手入れして使いこなすにも職人技術が要ります。

私はこれまで3回、この織り工場にお邪魔したことがありますが、
毎回、いろんなことに圧倒されてしまいます。

かつて多い時は300件以上あったという久留米絣の織元も、現在残っているのは30件程度といいます。

こんな気持ちよくて丈夫な織りが、日本に残っているのだから、
日本人なら使って欲しい!

きっと、私たちマアルのメンバーみたいに、
絣が大好きになり、

うちの主任みたいに↓と叫ぶかも。笑

主任のブログ「久留米絣のロングパンツがどうしてこんなに気持ちいいと誰も教えてくれなかった?」
私も、マアルを通じて肌着としての絣に出会わなければ、こんなに毎日の身近なものにはならなかったと思います。

< 久留米絣 グリーンドット 各種
2月4日立春の発売を記念して、立春から2月末まで、久留米絣シリーズ全品会員様は優待価格でお求めいただけます。



 

marru展 開催のお知らせ


1年と少しぶり、マアル単独の展示会を開催します。


marru展 
@paddlers_coffee



2020.2.14 (金)ー16(日)の3日間
7:30-18:00 

会場 PADDLERS COFFEE ギャラリースペース 
  渋谷区西原2-26-5 
    
京王新線「幡ヶ谷駅より徒歩4分

   小田急線/千代田線「代々木上原駅より徒歩8分
   渋谷駅発中野駅 or 阿佐ヶ谷駅行きのバスも便利です(「幡ヶ谷駅下車
 ※会場への詳しいアクセスはこちら 
https://paddlerscoffee.com/access


PADDLERS COFFEEのギャラリーにて、
marruの展示販売会を開催します。

marruの単独展示販売会は、これが2回目。

定番の肌着はもちろん、
今回は試着室を設けてマアル初めての限定ブラジャー「春夏秋冬 冬 至」のご試着もしていただけます。

そして、
2月4日立春発売の「久留米絣」シリーズの新柄、グリーンドットもお披露目!!!

メンズの太陽パンツもいろいろご用意しますので、バレンタインにいかがでしょうか?

盛りだくさんのmarru展。
会期中は櫻木と小田が終日滞在致します。

フルオーガニックコットンの肌着に触れ、PADDLERS COFFEEさんで美味しい珈琲を飲んで、
憩いの時間をお過ごしいただけたら幸いです。


marru展でのお買い物は、ネットショップでの会員様でしたら後ほどポイントもお付けします。
(お誕生月割引はできませんが、、ごめんなさい)
ぜひ、お越しくださいませ。




前回の様子はこちら

 

この数日間味わった朝の空気とともにお客様とお会いすること、が私と小田は気に入って、

広島の拠点=素souで「朝マアル」を始めるきっかけにもなりました。

 

ああ、バレンタインがこんなに楽しみなんて何十年ぶりでしょう(笑)

 

 

大切に作った肌着たち、ぜひみなさまに手に触れていただきたいです。

お待ちしております。