前田源商店専務取締役・NOC日本オーガニックコットン流通機構理事長 
前田富男さんによるお話会
 「’優しい’コットン衣類ってなんだろう?」

9月30日(月)10時15分開場  お話10時30分〜1時間半程度 よもぎのお茶付き
参加費 800円(中/高校生半額・小学生以下無料 )+税 
定員20名

会場 marru素sou


絹織物の産地、山梨県富士吉田市で100年近く続く機屋(ハタヤ)であり、
今や日本の「オーガニックコットン織物のパイオニア」とも呼ばれる前田源商店さん。

前田富男さんは、前田源商店の専務であり、日本では馴染みのなかった「オーガニックコットン」の普及と消費者へ安全性の確かなオーガニック商品の供給を支えるため、NOC(日本オーガニックコットン流通機構)の立ち上げから関わり、現在は理事長の役も担っていらっしゃいます。

ラッキーなことにマアルの担当さんでもあり、Wガーゼ草木染めの生地や麻入りオーガニックコットンの生地など新しく生地を作る際には、いつも丁寧に優しく生産アドバイスをしてくださいます。

このたび、山梨県から広島へいらっしゃるということで、
ぜひ皆様にも私たちマアルメンバーと一緒に富男さんのお話を聞いていただきたい!と企画しました。



オーガニックコットン界の重鎮を「富男さん」と呼ぶのは随分と馴れ馴れしいのですが、
その優しいお人柄で、NOCのみなさんはじめ、オーガニックコットン業界の方々みな、「富男さん」と慕っています。

真綿のように柔らかで穏やかな富男さん。
マアルへは過去2度ほどお越し下さっているのですがマアルメンバーも「富男さん」が大好き。


オーガニックコットンのこと、繊維のこと、織物のこと、日本の工業のこと、、あらゆることに精通していらっしゃいます。

何をもって「オーガニックコットンが優しい」と言えるの?
「草木染めは優しい」ってそうなの?
そもそも「オーガニックコットン」ってどういうこと?などなど、
いろんなお話聞けると思います。


ぜひ貴重なこの機会に、生産・現場に携わる生のお話を聞いてみませんか?


※当日は、普段マアルにはない、前田源商店オリジナル商品の販売もあります。

※お話会に参加された方は、
この日はマアルの前田源商店さんで織っていただいている商品<WガーゼハンカチーフWガーゼ満月パンツ子パンツ麻とオーガニックコットンのヘンリーネックシャツ麻とオーガニックコットンのショールは、全品10%OFFになります。


※こちらはopen coyashi(ショールームを営業しつつ、キッチン側でお話会やワークショップを同時進行する会)です。

※お店は通常通り営業しておりますので、お話会に参加されない方もお買い物にお越しいただけます。

 

 

 

 

お申し込みは sou@marru.net
タイトルに「コットンのお話会」と書き、
文面にお名前、携帯電話番号をお書き添えください。

会場はお申し込みの人数により、座布団で座るかた、椅子に座るかた両方になる場合があります。
お体のご都合で椅子を希望されるかたはお申し込みの際お伝えください。

お子様連れの方は年齢をお伝えください。
お子様が退屈される等して講師の方のお話が聞きづらい状況になるようでしたら外へ出るなどして気分転換をお願いします。

お申し込み受付後、事務所営業中に担当者から確認の返信をします。
数日経っても返信がない場合は、マアル082-836-3667までご連絡ください。
携帯からお申し込みの方は、
sou@marru.net からのPCメールが受け取れる状況にしておいてください。