マアルの新拠点「素」souの、川側に設けたショールーム兼イベントスペース。
2月10日(日)にオープンし、今日でちょうど1週間経ちました。


白島店からのお客様が驚いてくださるように、
このグリーンのドアの写真はオープンまで秘密にしていました。

そうです、白島から本川町に連れて来ました。

お客様が「あらー!?このドアってー!?」っておっしゃる驚きの声を聞くのが快感です(笑)


オープン初日はショールーム奥で
「imatokocoさんと干菓子を作りましょう」、
翌日は
「前田佐和さんの生理が大好きになるお話会、更年期が楽しくなるお話会」松田笑店さんのベジカレーランチ。
13日は「imatokocoさんの練り切り教室。」

オープンを記念して、1週間の間にcoyashi企画を3つ開催し、おかげさまで全て満席、大賑わいでした。

素のinstagramではもう少し写真をアップして報告しているのでよろしければご覧ください。)


縫製工場側から窓越しにお客様の様子を眺めることが、
こんなにいいものだとは。

皆さんの熱気が伝わって来て、準備をしながらも嬉しくてたまりませんでした。

この窓を設計してくださった、さしものかぐたかはしさんは、「むしろこの窓はマアルで働く人たちの喜びのため」とおっしゃってましたが本当に。



素souのショールームは、大前提として
「マアルの肌着や布ナプキンが生まれる会社の中にある」。

素材を確かめ、試着もできます。
もちろん布ナプキンのご相談にも応じます。

そして、肌着とともに、心からお勧めできる厳選した他社メーカーの衣料品、雑貨等も販売しています。
安心である、心地いいものでことはもちろん、使っていると心が豊かになったり、
暮らしが楽しくなったりするものたち。
取り扱わせていただいているメーカーさん達は、全て交流させていただいており、
皆様本当に憧れる素敵な会社さんばかりです。

さらにこの場をイベントスペースとしても共有し、
マアル主催のcoyashi企画<いずれ自分の肥やしになるような>講座やワークショップを開催したり、
他の方主催で面白いことをしていただいたこうと思っています。
生産者さん達、メーカーさん達がいらっしゃることがあれば、
お客様を招いて一緒にお話を聞かせてもらう場にもします。


イベントが入っていない日も、もちろんショールームとして動いていますし、
同じ空間で私たちが打ち合わせをしていたり、商品撮影をしていたりしています。
ガラス越しの小さな縫製工場部分ではミシンが動き、
全国に発送する荷物を準備している者もいます。

そういう風景も丸ごと楽しんでいただけたら嬉しいです。


「広島行きたーい!」「マアル素に行きたーい」そういう声が、全国のお客様からどんどん届くようになるといいなぁ。

この数日、早速県外からもお客様が複数いらしてくださいました。


予想もしなかった、たくさんの、本当にたくさんのお花やプレゼント、メール。
そしてお心も寄せていただいているのも感じています。

初日の閉店後、「せっかくだからお花を集めて撮りましょう」というメンバーの発案で、
あちこちに飾らせていただいていたお花たちを1箇所に集めて撮影しました。

またひとつ、一生の忘れない思い出になりました。


ラインチームの二人が毎週日曜18時に、広島のマアルLINEにて今週の営業日、営業時間を配信することにしました。
早速本日配信されていましたね。
ショールームは不定休なので、必ず営業日、時間を確認してからお越しくださいませ。

「素」までの道案内も、スタッフブログで桜井が紹介しています。

縫製担当Rが縫ってくれた出来立てほやほやのオーガニックコットンの制服を着て、
新しい場「素」souで皆頑張っています!


皆様も一緒にこの場を楽しみ、育ててくださいませ。
これから末長く、どうぞよろしくお願いします。