私が生まれた1971年にレコーディングされたJohn lennon Happy X'mas.

ベトナム戦争が長期戦に突入している中で生まれた反戦の曲ということを20代のはじめ、憧れの人に教えてもらって知った。


War is over, if you want it
望めば戦争は終わる。

時々、折に触れて耳にするこの曲を、
子どもの寝顔を眺めながら聞く夜もあり、
雑踏の中で耳にして立ち止まることもあり。



Johnがこの曲を作って47年が経った。
Johnが望んだ世界になっているのだろうか。


想像すること。考えること。望むこと。少しずつでも行動すること。

https://www.youtube.com/watch?v=yN4Uu0OlmTg
 

marruがフェアトレードのオーガニックコットンを使うのは、
日本から垣間見えないところで暮らしている遥か遠くの人たちとも持続可能な関係を願っていることもひとつの理由。
リスペクトする関係で仕事をしている人たちと、公正な、透明性のある関係でmarruの肌着は繋がっていて、
ひいては、
お使いくださっている皆様とも、全て繋がっています。
 
身近な人たちが、ほっとして、安らぎを覚え、笑顔になることが
私たちなりの一歩で、
そこから何かしらの暖かな輪が繋がっていくと信じている。
けれども、この動画を見ると、やはり考えるのです。
何だろう、webでの言葉にするのは難しいけれど、、、。
このyoutubeのコメント欄には、
'John, 36 years later, the war isn't over.' と誰かがポツリと書いていました。


今年は子どもと離れてクリスマスを迎えているからか、
この曲の翻訳を改めて読み、いろいろ思いを馳せる夜です。
呟きでした。



Merry christmas