締め付けず、肌に寄り添うマアルのインナーは、
擦れないように、糸やレースもオーガニックコットンで刺激を減らすようにと素材と形のこだわりを大前提にして作っています。

さらにアンド トゥモローは、「作る理由」にも書いたとおり、
より、低刺激と軽さにこだわった新シリーズ。

・つなぎ目をなくす

・軽くする
・伸び止めなどの化学繊維の助けを借りない、化学加工をしない。

つなぎ目を無くすために、
細かいパーツを接ぎ合わせる一般的な型紙ではなく、
プルオーバーも、ボクサーパンツも、1つのパーツから作りました。
(レースショーツは前後1枚)


縫い方も、
肌に触れる側のロックミシン(ジグザグ縫い)を無くし、フラットになる様、生地端を織り込む、あるいは包むなどして
直線縫いで仕上げてあります。



プルオーバー丸首のわき
 



レースショーツの足ぐり


ボクサーパンツの足ぐり


ロックミシンをほとんど使わず、
職人さんが1着1着低速で縫うこだわりなので
比べ物にならないくらい時間がかかっています。

試作に大幅に時間がかかり、三重県の縫製工場さんの協力のもと、
なんどもなんどもトライし、

ようやく、皆様にお渡しできる目処がたちました。





生地の軽さと縫い方のこだわり。

裸でいるより安心する、裸でいるより体が軽い、そんな1着になることを願っています。


いろいろ作りたい気持ちを抑え、厳選した基本の3着。
1年中使えるものからはじめました。
長袖にすると、1パーツで作ることが出来なくなるし、
パッドポケットをつけると内側に縫い目が出来てしまう。
ですが、いつかはこれらも手がけていくつもりです。

 

 

まずはこちらの3着から始まります。


・プルオーバー丸首

・レースショーツ

・ボクサーパンツ



特設ページも完成しました。

 

どうぞよろしくお願いします。

 

 

 

blog/
アンド トゥモロー 「あわいのような」プロローグ 12/19
アンド トゥモロー 作る理由  12/20

アンド トゥモロー 特徴