アンド トゥモロー 新シリーズが12月22日冬至に発売を迎えます

ちょうど30才になった頃、全身のアトピー性皮膚炎を発症したことがマアルの肌着づくりに繋がっていることは
ホームページの「マアルのはじまり」にも書いてあるとおりです。

形のこだわり、
素材選びのこだわり、

常に念頭においています。


新月ショーツ、満月パンツ、タンクトップ、最近ではキャミソール。

これら定番の形に、

バリエーションとして春夏秋冬シリーズのように色を楽しむものを作ったり、
限定商品BLACKのようなお楽しみができるのも、
デイリーユースとしてマアルの肌着を選んでくださるお客様が増えたからです。


毎日の肌着。

色や織りの違いでテンションがあがったり、気分が変わったりできることも大事だと思っています。

いっぽうで、

ここ3年ほどはだいぶ落ち着いていますが、
体調や季節の変化で症状がぶり返し、
マアルの肌着ですら裏返して着ることもありました。

首から鎖骨にかけての症状が特に酷く、
薄皮1枚全部めくれているような時も。

そう言う時は、患部が熱くて火照って、
眠ることすらなかなか出来ないものです。

店頭にお越しくださるお客様の中には、数々の症状を抱えていらっしゃる方も多く、
肌トラブルはなくても、

圧迫感で息苦しさを覚える時期がある、
身体がだる重く、重力が人の倍かかっているのではと感じている、
病気にかかり、手術、そして回復までの間にも、今までなんとも思ってなかった下着が辛い、

といった、数々のお声を耳にします。


人生、いろんな時期がある中で、
「とにかくほっと、とにかく少しでも刺激が少ない、重みが少ない」ことを求める人たちにむけて、
さらなるマアルの肌着を作りたいと思いました。

2016,2017の春夏秋冬シリーズを今年1年お休みしたのは、
これがあったからです。

本当にお休みしてよかった。。。

というのは、想像以上に柔らかい生地で、
試作と再テストが続き、実は発売予定から4ヶ月も遅くなってしまいました。
それがようやく、冬至の日、お披露目の目処がたちました。

※詳しくは商品ページでご説明致しますが、
これまでのマアル肌着以上に、1着ずつの縫製に大変時間がかかるため、お渡しは来年1月後半となります。
ご了承ください。

 


 

 

blog/
アンド トゥモロー 「あわいのような」プロローグ 12/19
アンド トゥモロー 作る理由  12/20

アンド トゥモロー 特徴