大切なお知らせがあります。
長文ですが、お読みくださると嬉しいです。

このたび、

株式会社マアルの本社事務所(広島市中区西白島町11-7 やまねビル201,301)、

そして

実店舗 マアル白島店(広島市中区白島北町10-23)

3つに分かれていたこの場所を1つにまとめて、
新しい場所で運営していくことになりました。

移転に伴い、
マアル白島店での営業は12月16日(日)をもちまして終了と致します。

※白島店でのポイントは、新しい場所でもお使いいただけます。

※白島店の会員様で12月と1月お誕生月のお客様は、11月15日〜12月16日までをお誕生月割引対象期間とさせていただきます。(近日中にご対象の方へ店長からメルマガでご連絡致します)

※例年開催しておりましたB品市に関しましては、12月13,14,15日に「ありがとう3days!(仮題)」として開催致します。

※新しい場所は、2月の前半にお客様をご案内できるよう準備を進めます。

※事務所の移転は1月中旬につき、ネットショップは引き続き通常通り運営しますが、年末年始休暇以外に、1月中旬の数日間、出荷をお休みさせていただく可能性があります。そちらに関しましてはまた改めて告知致します。

 



--------
この写真は白島店もまだ無い頃。
自宅兼事務所を新月の日にだけ開放していた、「新月茶論」の様子。

5年前に事務所兼お店として白島北町の小さな一戸建を借りた頃も、
マアルオリジナル肌着よりもお取り扱いのものたちの販売が中心で、
小売店という動きが中心でした。

店の2階の事務所が私含めて4人になると一杯になり、

5分ほど歩いた場所に今の事務所を借り、

2年後にその半分を「小さな縫製工場」にした頃にはオリジナル肌着の企画、生産、販売が半分を超え、

またぎゅーぎゅーになった事務所の真上がたまたま空いたので、3階も事務所にさせてもらいました。

マアルをはじめて9年め。

必要に応じて増えた3つの場所ではあるものの、
広島にいる間、わたし自身は企画と生産と数々の対応で白島店になかなか行けない葛藤も抱えながら、
いろいろ、ずっと、もうどれくらい考えていたのか。

広島のお客様と、全国のお客様。
肌着を必要としてくださる方々。
そして、マアルのメンバーが繋がっていく「ひとつの」場所が欲しいなぁ。


夏の終わりに、あたらしい場所との出会いがあり、
ここで10年目に入る来年から、新しいマアルをはじめようと決めました。

新しい場所は、
今と同じ広島市中区、もう少し中心地に近いところで、
目の前に桜並木が広がる、優しい川沿いの場所です。

ここで10年目に入る来年から、新しいマアルをはじめようと決めました。

企画し、生産し、梱包し、発送するマアル事務所&小さな工場であり、
そうして生まれた肌着たちを触れて確かめて、お求めもしていただける場。

マアルと繋がる様々な方々をお招きして、
面白いこと、ワクワクすることを共有し、繋がっていただく場です。

広島のお客様はもちろん、
全国のお客様にも、「広島に行ってみたいなぁ」「マアルの事務所、覗いてみたいなぁ」
そう思っていただける場所にしていきます。

白島店のお客様には、12月後半〜2月前半のプレ・オープンまでご不便をお掛けし誠に申し訳ありません。

白島店をオープンする前の、自宅兼事務所時代から8年間お世話になった白島。
寂しくないといったら嘘になります。
いろんな気持ちは到底書ききれません。

その気持ちも大切に抱えて、
これからの新しいワクワクを見つめて、進んでまいります。

新しいかたちのマアルの展開を、
どうぞ見守っていただけたら幸いです。

 

2018年11月1日 マアル 代表 櫻木直美