2010年の12月にマアルのネットショップを始めて以来、
いただいたご注文に添える納品書には必ずお一人お一人へ数行ですがメッセージを書いております。
忙しい時はスタッフ総出でメッセージを書いてきました。

お客様の過去のご注文履歴を見て、
「ああ、前回お求めいただいた新月ショーツを気に入っていただけたから、
今回はリピートでお求めくださったんだなぁ」
「わ、2年ぶりのご注文!嬉しいなぁ」
「最近はパンツだけじゃなくてタンクトップも必ず一緒にお求めくださるわ♡」と、
ひとつひとつのご注文に、お客様を重ね合わせ想像しながらメッセージを書く時間は、
どんなに忙しくても写経のように、
とても心が落ち着いて、温かいものに包まれていく、私たちにとって貴重な時間です。

ですが、
今月は出荷担当者の出勤日を減らし、半分はテレワーク。
今は、ご注文いただいている一人でも多くのお客様に、確実に届けていくことを最優先しようと思い、
こういうプリントを作りました。

マアルのメンバーひとりひとりが5cm角の紙にメッセージを書き、
プリントし、ご注文いただいた納品書に添えております。

今日、私(櫻木)もB品の出荷を手伝いましたが、納品書に書かれているお名前に、
あー何々さん!何々さん!と、メッセージを書きたい気持ちをぐっとこらえ、
準備をすすめています。

受注確定メールを在宅でしている者も、出荷のパッキングをしている者も、
みんな同じ気持ち。
メッセージを書く作業は私たちにとってのご褒美のようなものだからです。

でも、今は我慢。
もうしばらく、手書きのメッセージはお休みさせてください。

プリントアウトした紙に、たくさん愛を込めて。