私たちが久留米絣と出会ったのは2017年。

伝統工芸とのコラボレーションで、限定企画としてオーガニックコットンで織っていただき、2017年2月4日の立春に発売しました。

その日はオランダで開催されたmono japan という展示会に出展していたので、
アムステルダムでも同時発売という、

なんかカッコいい響とともに思い出がいっぱいあります。

(絣の製造工程を説明する資料を英語で作ったなぁ、、)

 


マアルの肌着用に、特別にオーガニックコットンで織っていただいた久留米絣。

それが予想をはるかに超える気持ち良さで、
どうしても継続して作りたくなり、
さらにショートパンツやロングパンツまで品目を増やして、
赤い大きなドット柄とともに定番化したのが同じ年の夏。


30の工程を経て、約3か月かけて織り上げる久留米絣の生地。
独特のかすれ具合、糸と糸との間にはらむ空気感は、
まるで〇〇のような、と言い表せない独自の気持ち良さがあります。

今回、久しぶりの新発売となるグリーンドットは、
縦絣たてがすり(縦糸だけをくくり、模様をつけ、横糸はプレーンなまま)という技法。
同じ縦絣のグレードットよりもさらに柔らかく仕上がったのは何故だろう?。


色は紺地ベース、大きめのグリーンが差し色になっていて
とてもいい柄!気に入ってます。

 

最初のうちは色が出てくるので、お手数ですが単品で、あるいは色の薄いものとは分けてお洗濯してください。

絞ったらすぐ取り出して干してくださいね。

 

絣は最初のうちは生地に糊も残っているので硬く感じるかもしれませんが、

こうして洗っているうちどんどん柔らかく育っていきます。

 



marruのinstagramFacebookで数回にわけ、
下川織物さんに撮っていただいた今回のグリーンドットの絣ができるまでの工程写真をアップしています。

ここでは少しだけご紹介

糸を枷にし、くくり、まずはベースの紺に染めたところ。
洗って干しています。

カラカラカラと移動させながら回しているうちに、括り糸が外れていく仕組み。


括りを外すと、水玉になる予定の染まっていない生成りのオーガニックコットンが見えます。


今回は上からさらにグリーンで染めました。


(この写真が一番好きです)
糸の束をほどき、糸を配列していくところ。

↑これ、分りますか?機械の手前では横一列に並んだ水玉が、
水玉1つ分の糸を互い違いにレーンの下に通すことで、
互い違いの水玉模様となって出てきます。
シンプル!だけど考えた人すごいー!!



織り機に縦糸をセットし、いざ織り始めます。
織りあがったら生地を湯通しして糊をおとし、綺麗な井戸水で洗って自然乾燥。


この数枚の画像を見ただけでも、
機械織りとはいえど、いかに人の手がかかっているか、
長年の職人の塩梅、技が必要としているかを推測できます。
昭和30年代のものという機械達を手入れして使いこなすにも職人技術が要ります。

私はこれまで3回、この織り工場にお邪魔したことがありますが、
毎回、いろんなことに圧倒されてしまいます。

かつて多い時は300件以上あったという久留米絣の織元も、現在残っているのは30件程度といいます。

こんな気持ちよくて丈夫な織りが、日本に残っているのだから、
日本人なら使って欲しい!

きっと、私たちマアルのメンバーみたいに、
絣が大好きになり、

うちの主任みたいに↓と叫ぶかも。笑

主任のブログ「久留米絣のロングパンツがどうしてこんなに気持ちいいと誰も教えてくれなかった?」
私も、マアルを通じて肌着としての絣に出会わなければ、こんなに毎日の身近なものにはならなかったと思います。

< 久留米絣 グリーンドット 各種
2月4日立春の発売を記念して、立春から2月末まで、久留米絣シリーズ全品会員様は優待価格でお求めいただけます。