昨年9月から毎月第1木曜に開催する、助産師による無料個人相談「添うの場」をスタートして、
明日1月9日で4回目になります。

生後1ヶ月の赤ちゃんづれでお越しくださったお母様が一回り大きくなった赤ちゃんを連れて再度お越しくださったり、

更年期かな?とご相談にいらっしゃった方が病院での検査を勧められ、「検査して本当によかったんです、添うの場がなければまだグズグズ悩んでいるところでした」とご報告にお越しくださったりと、

お越しくださった方々から嬉しいお声をいただいています。

明日は高島助産師さんがお越しくださいます、10時から13時までの間に(ご予約不要ですので)、
何か相談してみたいことがある方はお気軽にお越しくださいね。

相談が重なった場合は店内で、もしくは近くをお散歩などしてお待ちいただくことになりますが、
今のところ絶妙のタイミングでそんなに重ならないのが不思議です。



昨年挑戦した、あるコンペディションでmarru素souの取り組みのひとつとして「添うの場」を紹介したところ、
審査員の方に
「肌着を作るマアルが助産師を顧客と繋げる、その関連性が発表ではよくわからないのですが」と質問されました。

壇上で、ど緊張の中にいつつも、
「なるほどなぁ」とも思ったんです。


布ナプキンや、肌刺激&締め付けのない肌着を作っているマアルには日頃から
女性特有のお悩みを持ったお客様が多くいらっしゃいます。

(むしろ自分も含め、お悩みというレベルにはいかなくても気がかり、くらいは持っている人がほとんどじゃないかなと思います。体は変わっていきますから)

そこで、女性に寄り添う助産師さんの登場、というわけなのですが、確かに、
一般の人は「なぜ「助産師か?」」と思われるかも。



出産を数回経験した人でも、
「助産師って馴染みがないわ」
「お産の時にいたんだろうけど、看護婦さんと見分けがつかなかった」
そういう人も多いようです。

まして妊娠出産経験がないと、なおさら縁遠いかもしれない「助産師」。


私も、長女を産んだ時はそうでした。
だれが助産師かとか、気にもかけなかったし、診察や出産時以外、接点もなかった。


それが、「自然なお産」に興味をもち、
次女を助産院で産もうと思った時から一気に身近な存在となりました。

残念ながら妊娠8ヶ月のとき、
アレルギー対策で飲んでいた漢方薬の副作用で肝機能障害で急遽入院しハイリスク妊婦になったため、
助産院での出産はできなくなりましたが、

できるだけ自然なお産を、と病院を紹介してくれたのもその助産師さんたちだったし、
幸せなことに産後すぐ病院にも来てくれ、
おっぱいケアや次女の発育相談で一年後に関東を離れるまでずっと
身近になんでも相談できる存在としてそばにいてくれました。



核家族で転勤族、
友達はいても、相談しても解決にはならない、、
ネットで検索してもきりがない、、

助産師さんには本当に心身ともに助けてもらいました。

この頃から、私の「助産師」愛が始まったのかもしれません(笑)。


自然育児友の会を通じで出来た仲間たちの中にも、
助産師が複数いて、
ここで私の言う「助産師」とはほとんどが開業助産師なのですが、
話があうというか、
日々お産の現場に立ち会っているから肝が座っています。

お医者さんの立ち位置とも違う、
看護婦さんとも近いけどさらに女性に近い立場。
「女性に寄り添う=助産師」。


「添うの場」をになってくださっている田中助産師、高島助産師さんは、
隣のしっかりしたお姉さん的存在。
マアルのスタッフも数人相談させてもらいましたが、
みんな、本当に「相談してよかった」と言ってます。

体のことで気になっていた心の重荷を、ほどく場になればと願っています。


<添うの場>
1月9日(木)10時から13時
2月6日(木)10時から13時 
※この日は高島助産師のもとに実習に来ている看護大学生が午前中同席します。学生と言えども相談内容については守秘義務があり、その一切の責任は大学と高島助産師が持たれることになっていますのでご安心してお越しください。
3月5日(木)10時から13時