Recent Posts

この半年の振り返り

娘の友人が我が家に数泊。

いつにもましてうちの中は若者の熱気というか香りというか、に満ちている。

女子大生と女子高校生がいっぺんに笑うと、

いやぁ、、すごい。クラリとするエネルギー。

 

先週は大分から元スタッフ一家が赤ちゃん連れで泊まりに来ていたので、8月の我が家は若い感じだ。

 

 

今日は台風で臨時休業になったため、

家で仕事しつつ、

合宿所のおばさんと化したわたしは3度の食事を作っているのだが、

さすが女子達、気を使ってかとても反応がいいので

ついおばちゃんはウハウハと喜び勇んで張り切ってしまい、

娘達に「いつもと盛り付けまで違うじゃん」とかツッコミを入れられても喜ぶ始末。

 

 

8月も真ん中。

 

マアル事務所・店舗両方とも、今の場所に引っ越してきて半年が過ぎ、

昨日のモデル撮影時には「年賀状」とかいう言葉がチラチラ出始めた。

 

この調子だと本当に、今年も「いよいよ年の瀬ですね」と言ってしまいそう。

 

その前に、ちょっと一息ついたこのお盆で振り返っておこうと思う。

(書き終わって読み返したら振り返りというより改めての決意表明みたいな感じになっているけど)

ここを見つけたのは昨年の9月だったか。

 

場所がないから、と言って「いつか」の棚に押し上げていたいろんなことが、

ここに来たら出来る!と確信した。

 

やらなくて後悔するよりやってみよう。

そう決心して借りた大きな物件だった。

 

 

肌着の企画・製造・販売の「マアル」の仕事に加え、

この「素」souと名付けた場所を企画し運営していく、という仕事を増やした。

 

どちらも私の中では切り離したことではなく、

とても密接に繋がっている。

 

そもそも、

マアルという名前は、

 

私たちを取り巻くさまざまなこと

衣食住、心、生と死、性、家族、医療、環境、社会、地域、、、それらに

優しく寄り添い、まあるい形で繋がりあいたいなぁと願って  

 

付けたもの。

 

よく考えずにmarruというアルファベットを当てはめて、

なんかいいぞ、と気に入った。

 

 

素の立ち上げから半年。

 

それはもう、これまで以上に全力をマアルに注いでいる。

肌着の製造あってこそ、素が動くのだから、両方。

 

これが意外と、頭の違う場所を使うみたいで面白い。

 

 

6年前に白島の店を立ち上げた頃より、当たり前だけど6年分の体力が老いているので、

今の「全力」はあの頃の「全力」より乏しいけれど(特に夜中が)、

 

量より質です。

とかいって、

質も大したことないので(汗)、やっぱり気になったところは「ま、いいか」で済まさず、

あとで後悔しないように、丁寧にやるしかないんだなぁ。

 

昭和根性かもしれないけど、

やるしかないときは、やるしかないのだ。

 

耕すタイミングは、きっと決まっているのだ。

 

 

 

しかも今は、あの頃より頼れるスタッフが増えた。

 

どんどん関わってもらっている。

私が手放す範囲がもっともっと増えるといいな。

 

 

どういう場を求めているんだっけ?

どういうものが並んでいたら一人の客としてのわたしは嬉しいんだっけ?

妊娠したとき、出産後、子育て中、そして今、どういう場に行きたかった?行きたいか?

アトピーで苦しんでいたとき、どういう店にときめいたんだっけ?

 

 

結局肌着作りと根っこは同じ。

 

自分が必要としているもの、こと、場所を作るだけだ。

 

今年は素sou「耕し」の年。

春夏秋冬の春「耕」のコンセプトをカラーでアドバイスをいただいている荒川さんから頂いたとき、うわ、一緒!と鳥肌が立った。

 

いろんな種を、惹かれる種を植えてみたらいい。って思ってます。

 

 

ちょうどいい塩梅に、素では肥やしが(coyashi企画)与えられ、

どんどんふくふくの土になっているもの。

 

 

素にあうものが生え、あとは勝手に育っていくんだろうと思う。

 

 

日が傾くのが早くなって来ましたね。

さぁてと女子達に晩御飯作ろうっと。

8月は満月パンツにご注目!

あっという間に今日の日付は8月4日なんて。。。

 

FBやinstagramではお伝えしておりましたが、今月はまだメールマガジンも書けていないし、遅くなってすみません。

満月パンツが8月1日から1ヶ月間、クローズアップして参ります!

 

(出張時、旅行時にもっともオススメなのは満月パンツの久留米絣グレードット。乾きやすいし、汗離れ最高です!)

 

会員様はご優待価格でご購入いただけるようになっています。

必ずログインしてからカートに入れてくださいね。

 

先週後半、東京へ出張してきたのですが、

東京都心のラッシュ時の暑さは凄まじいですね。

乗り換えで歩き回り、汗が吹き出したまま満員電車に押し込まれた時、

意識のスイッチ切らないとやってらんないよ。。という感じでした。

 

7月の長梅雨と、いろいろで久しぶりに顔の一部と首にアトピーの復活予兆がしていたんですが、

この1週間で一気に来ました。

敏感になっていた皮膚に汗がついてカブれた状態に。

あぁあぁ。

なかなか神様はこれを終わり、にさせてくれないなぁ。と思いながら、

まだまだこの症状によって発見があるんだろう、と

あれやこれや、得意の人体実験しつつ達観しております。

 

しかし改めて思うのは、

私の場合、症状が出るのは外に出ている顔と首、そして肘の内側なんですよねぇ。。

 

肌着に包まれているところはもうすっかりトラブル無し。

 

アンドトゥモローの首用の肌着が欲しい。

 

話がそれましたが、

それだけ、マアルの肌着はいろいろな刺激から守ってくれているんだなぁと思います。

 

ここ猛暑、パンツ環境を変えるだけでトラブルになりにくい人もたくさんいらっしゃると思います。

ぜひこの機会に、開放的な満月パンツをぜひお試しください。

 

スタッフ達と満月パンツについてblog等々でクローズアップしていきますのでこちらもぜひお読みいただけたらと思います。

 

 

 

 

 

 

\募集開始/coyashi企画「旅立ち」を考えるお話会


                         (画像:株式会社オフィスさくら 西村様から)


「旅立ち」について、具体的に考えたことがありますか?
 
お盆休み、
お墓参りのあと、誰々のお葬式はああだった、こうだったねと思い出話が出たり、
誰々はどこのお墓に入るの?
わたしはああしたい、こうしたい。
いろんな話が出るご家庭も多いと思います。
 
我が家も親が遠方にいて、気になることがたくさんあります。
自分自身の葬儀もこうしたいなというイメージを持っています。
病床についてからは話しにくいこともありそう。
 
ならば今から準備を始めませんか?
 
3年前、白島店で開催し大変ご好評だった講座です。
 
株式会社オフィスさくら 終活カウンセラー上級資格者の西村さんにお越しいただきます。
ご自身で、ご夫婦で、親子で聞いてみませんか?


日時 2019年8月8日(木)午後1時15分受付開始、1時半から3時半まで。
参加費 1,500円(税抜)(imatokocoさんのお茶菓子つき)

 
筆記用具をご持参ください。
会場はお申し込みの人数により、座布団で座るかた、椅子に座るかた両方になる場合があります。
お体のご都合で椅子を希望されるかたはお申し込みの際お伝えください。
お子様連れの方は年齢をお伝えください。
お子様が退屈される等して講師の方のお話が聞きづらい状況になるようでしたら外へ出るなどして気分転換をお願いします。
学生以下は無料です(お茶菓子は参加費をお支払いの方のみとなりますのでご了承ください)。
 

お申し込みは、sou@marru.net へ。
イベント名をタイトルに入れ、
お名前、携帯番号、をお書き添えください。
受付後、平日営業日にマアルから返信します。1週間近く経っても返信がない場合、お電話でご確認ください。
必ず、こちらからの返信を確認してください。
携帯からお申し込みの方はこのアドレスからのメールが受信できる状態にしておいてください。
お申し込みは先着順です。
ご予約のキャンセルは他の方のご迷惑になりますので、できるだけお控えください。


株式会社オフィスさくら 終活カウンセラー上級資格者の西村有う子さま。


 
※マアルではこの『「旅立ち」について考える会』を皮切りに、
9月から12月まで、月に1度4回連続講座でエンディングノートを完成させるワークショップを企画しています。
エンディングノートは、手にされてもなかなか完成までたどり着かない方が多いものだそうです。
 
これは「完成させてこそ、初めて意味を成すもの」。とおっしゃる、講師の西村様の熱いお気持ちで、
たとえ全4回の講座で1回来れなくなってもあえて返金不可、を選びました。
 
ぜひとも全ての講座ご出席され、エンディングノートを完成させてください。
(9/10、10/8、11/19、12/3いずれも火曜13時半から1時間半、一度申し込まれた方は毎月必ずお越しいただくという条件です。
返金不可で事前入金5,000円(税抜)(ノート1,000円含む)。)
こちらに関する募集は8月8日セミナー後から受け付けます。

 
エンディングノートに関心があるかたは、必須条件ではありませんが、まずこちらの『「旅立ち」について考える会』を受講されることをオススメします。

太陽パンツが人気です!


嬉しい、本当に嬉しいことに、発売してまだ3週間足らずの太陽パンツ新色が人気です。

先日の中川政七商店ルクアイーレ店さんの店頭で拝見していると、
若い20代の男性から、50、60代の男性まで世代問わず手にしてくださっていました。

<関西の方へ>
M,Lサイズのサンプルを置いてます。7月23日まで開催していますのでぜひ手にとってお確かめください。
http://sakuragiblog.marru.net/?eid=81 


すっとお求めになる人、じっくり見て「今度にしようか(心の声)」と検討される方、様々ですが、

それでも今までの反応とは違う!

今までは、知るひとぞ知る、探している人が見つけ出す、そんな宝石のような?存在だったし、
店頭でご案内すると失笑混じりだったりとか、
私にしてみると「何故このかっこよさが伝わらぬ、、」という感じだったのです。



新色の2つは、それぞれ微妙にトーンの違う3パターンずつ染めテストをしてもらい選びました。

今までの販売数から考えて、1反ずつ染めてもらったのですが(それでも随分先まであるんじゃないか、と)、
なんと、先日縫製さんから連絡があり、生地が足りなくなりそうということでしたので
早速追加でオーガニックコットンを染める作業に入りました。


嬉しい誤算です(笑)!


下着の蒸れにお悩みの方、
これ!というパンツをお探しの方はぜひお試しください。
今月中は会員登録すると10%OFFです。


落ち着かないかと思いきや、いいポジションに落ち着くからびっくり、という声も届いています。


相変わらずメンズからのレビューはポイント倍期間なのになかなか届いていませんが、
ぜひこの機会に太陽パンツのご感想を商品ページから書き込んでくださいませ。



 

梅雨寒時期の肌トラブルと冷えに その2

昨日の投稿の続きです。

マアルの肌着がこのタイトルにバッチリオススメなのは、あちこちで書いているので今回は触れまい、
と、思いつつ、思いつつですが、

                                (触れてしまった。。。笑)

やっぱり大前提としてタンクトップ(パッドポケット付き)生成りと、新月ショーツ生成り、もしくは満月パンツ生成りの上下は使っていただきたいなと願っています。

マアルの全てのコンセプトが一番伝わるから。
肌トラブルにお悩みの方、冷えを感じてらっしゃる方にもっともオススメです。

足の付け根、腹部を締め付けから解放するとリンパや血液の巡りが改善され、
重だるい感じが楽になる人もたくさんいます。
下半身の体温も平均して1.5度から2度上がる、県立広島大学との共同調査結果があります。

しかもマアルのショーツやタンクトップは、肌に擦れず、ふわっと触れているかいないかの感触なので、
通気性がいいから肌が呼吸し、蒸れにくくなります。
汗で湿った肌に「擦れ」という刺激を与えにくいのも、痒みが減ることに繋がります。


その上で、合わせてお使いいただくといいなとオススメしているのが昨日からの投稿
素晴らしい、尊敬するメーカーさんたちが丁寧に作っていらっしゃるものばかりです。



汗をかくと胸が蒸れて、バストトップが痒くなる方が結構いらっしゃいます。
かくいう私もそうで、
マアルのタンクトップを開発後、直接肌に気持ちのいいものが触れるようになり気温が低いときは快適でしたが、
暑くなるとバストトップが痒い。
ブラパッドの影響でした。

2年間、様々な資材メーカーのパッドを試し、たどり着いたのがこれ。
通気性がとにかく抜群、軽いです。
お手持ちのパッドをまず、これに変えてみていただきたい。
ブラパッド



それから、ショーツの中の蒸れ、痒み、おりものが多くて痒み、、などといった症状にお悩みの方には、
竹布の布ナプキン、ホックがついていたほうが落とさず安心というかたには竹布のホルダーをオススメします。

竹布そのものの持つ抗菌作用は、本当にすごい。
添付したものではないので、洗濯を繰り返しても変わりません。
竹布の特徴については、メーカーのナファ生活研究所さんのページをお読みください。

マアル立ち上げと同時に、竹布を取り扱わせていただいています。
普段身につけない日はないといっても過言ではないほど毎日何かしらの竹布に触れています。
肌着だけでなく、台ふきんマスク、マアルの中でもファンがとても多いです。

今、いろいろリニューアルや新発売が続いていらっしゃるご様子で、マアルにある竹布商品も変動が多いのですが、
よくわからないなぁと思われたら店頭あるいはメール(info@marru.net)でスタッフにぜひお問い合わせください。




続けて竹布でいうと、
掻きこわしてジクジクしてしまったり、主婦湿疹がひどくなっていたり、
掻いてしまうからガードしたい、という時には、
空飛ぶ竹ガーゼ社」の竹ガーゼがオススメです。

うちの娘たちが幼い頃、この時期は肘の内側がとにかくただれて、大変でした。。
竹ガーゼ社の守り布、を包帯がわりにして肘を包んで結んであげたらホッとしたような顔をしていたのを思い出します。

痒みや傷に際してだけではなく、
先述の抗菌作用があるので、実は食品にも。たとえば味噌の蓋とか、蒸すときの蓋とか、
豆腐の水切りとか。
ご家庭に1つ、守り布、です。


マアルのサイトには、
長年ずっと、肌や体調のことにものすごい関心を持って集めてきた大切なメーカーさんの品々が並んでいます。

日々のbaseの調味料をいいものにしておくと多少遊んでも安心なように、
毎日直接肌に触れるものを心地いいものにしておくことは、
体調のベクトルも上向いてくるなぁと思っています。

ご参考になれば嬉しいです。