Recent Posts

発酵させよう ramo×TANE 味噌作りと発酵スパイスプレートの会 Hitotema「一手間」終えて

3月22日日曜日。
マアルの拠点 素souが、ほっかほかに茹で上がった大豆と麹の甘い香り、そして繊細なスパイスの香りに包まれました。


丹波篠山で自然農を営むramoさんが育てた「みずくぐり」と「フクユタカ」2種類の品種の大豆と、手作りの麹、塩。

材料はとってもシンプルで、とても贅沢。

日々、ramoさんが丁寧に世話をした大豆と、お米。
麹は、この日に味噌づくりするスケジュールに合わせ、3日前から発酵させた出来立てほやほや。

手を差し込むと暖かい!生きてる!!
ここから皆さまずっと「わぁ、、、」「ふぁーーー」「暖かい〜」「ん、ん、(大豆を手で潰していく声)」ほとんど言葉にならない、
感覚的な声が漏れっぱなし 笑

私までホッカホカ。

何だろう、この充足感は!(私は写真撮ってるだけでしたが)
 











そして、TANEの発酵スパイスプレート。
ちょうど1年前、桜が咲き始める頃、素のキッチン完成お披露目祝いとして別府からお越しくださったTANEさん。
南インド料理を、TANEのフィルターを通して独自に展開していらっしゃいます。
今回は味噌づくりと共に「発酵」をテーマに、
新たなメニューも登場。

それにしてもTANEさんのお料理の美しさ、瑞々しさ。
畑からもぎたての何かをかぶりついた時にジュワッと溢れてくるような清らかなもの。

お米を発酵させたクレープのような(名前を忘れてしまいました)、ほんのり塩味でパリリとしてとっても美味しかった。


素晴らしき菌を活かす知恵、
心と体に滋養をいただく時間。

顔の見える関係、

微生物、常在菌、醸し出す時間。

わたしにとっても、いろんなことを改めて考える時間になりました。

 

お集まりいただいた皆さま、ramoさん、TANEさん、本当にありがとうございました!
また来年お越し下さることを願って。






 

一般募集開始 coyashi企画 お話会 井上真由美さん「クオリティ オブ デス」

 

3月23日追記:お申し込みが定員に達し、キャンセル待ちで受け付けております。

 


「クオリティオブデス」

「明日も明後日も生きているという保証は実はどこにもありません。

その時が突然来ても
心にどんな準備があるか
逝く人も、見送る人も。
とても大切なことだと思います。」

話し手:井上真由美さん


6月14日(日)  9時45分受付開始 10時から 15時くらい
 

    第1部10時から12時半(2時間半)
 

    お昼休憩 約45分

 第2部13時15から14時45分 (1時間半)

定員 30人(先着順)→満席キャンセル待ち

会場  マアル素sou  広島市中区本川町2-1-4 浜本ビル2F

参加費:6,500円(税込)、学生(中、高、大学、専門学生)1,000円(税込)
※小学生以下のお子様はご遠慮ください。

※ご希望の方には「こめのはな」さんの発酵弁当750円を注文します。

無添加・無化学調味料はもちろん、発酵調味料などを使ったやさしい家庭料理のお弁当屋さんです。
お申し込みの際お伝えください。



第1部10時から12時半(2時間半)  お話

・生む場所が変わったら死ぬ場所も変わった
・看取り経験がなくなっていく家族と子どもの死生観
・脳死って、どんな死?臓器移植ってどういうこと?
・親が老いてゆくということ
・死を愛のある学びとするために何を伝え遺してゆくか。
・死の時に敏感な感覚は聴覚と触覚。だからその時何をするか。
・自分がどんな死を望んでいるかを、表現しておく意味。
・自然に死を迎える時の人の変化。
・2025年問題。どこで死にますか?



第2部 13時半から15時(1時間半)ワークショップ

二つの死生観ワークをします。

死に向かっていく体験と、亡くなる直前の未来の自分との対話。

2つのワークで感じたことはきっと今日からの生きる道しるべとなりこれまでとは違う景色との出逢いが待っていると思います。



*  井上真由美さんプロフィール
MIBELCAREセンターマリーゴールド主宰
看護師、看護教員、ベビーマッサージ教室立ち上げを経てドイツ発祥の自然医学ホメオパシーを学び日本ホメオパシー医学協会認定ホメオパスの資格取得。 現在はホメオパシー療法を中心に現代医学に偏らない体の見方や健康に関する勉強会、 生きることと死ぬことについて向き合う死生観のセミナーなどを各地で行なっている。
他、一般社団法人日本看取り士会認定看取り士 一般社団法人日本グリーフ専門士協会認定グリーフ専門士
いのちキラキラ希望の風フェスタ共同代表(福島原発事故後の保養活動)




-----
お申し込みは sou@marru.net

タイトルにお話会名を書き、
文面にお名前、連絡のつく携帯番号をお書き添えの上、送信してください。

お弁当をご希望になる方はその旨もお書き添えください。

受付後、平日営業日にマアルから返信します。
1週間近く経っても返信が無い場合、お電話でご確認ください。
携帯からお申し込みのかたは、sou@marru.netからのメールを受信できる状態にしておいてください。

 ※キャンセルポリシー

開催2日前の6月12日(金)から半額、14日(日)は全額のキャンセル料金を頂戴致します。
お弁当に関しましては、12日(金)から全額を頂くことになります。



------------------
昨年、素で掛飛まどかさんが主催するクォリティオブデスの講座があり、私(櫻木)は参加させてもらいました。

自分の中で突き抜けるような気づきがあり、
その場で井上さんに「来年マアルでぜひもう一度お話ししてください!!!」とオファーしました。

以来この1年、何度、井上真由美さんから聞いたことを、あの時感じたことを反芻したことでしょうか。

井上さんを何度も広島へ呼んでくださり、きっかけを作ってくれた掛飛まどかさんに心から感謝します。

井上真由美さんの講座は、14日、この素でのお話会を皮切りに、6/16,17に血液と貧血の話、臓器のお話など4講座開催されるそうです。https://reserva.be/mymevent/reserve?mode=service_staff&search_evt_no=24eJwzNDE2MzABAAQyATM 
 

<募集開始> 助産師さんによる「いのちのお話会」

助産師さんによる

「いのちのお話会」

-わたしたちに備わっている幸せホルモン「オキシトシン」を発動させよう-


 

 

4月22日(水) 10時15分受付 10時半〜1時間半

参加費1,200円(税込)

会場 素sou  

おはなし 
まき助産所 高島麻季さん 
さち助産所 田中美佳さん
     
 

 

 

わたしのいのち、

我が子のいのち、

愛する人のいのちはどこから来たのでしょうか。
 

 

 

わたしたちが生まれ、育ち、成熟し、愛し合い、やがて枯れていく過程の中には

様々な試練や痛み、苦しみがあるかもしれません。
 

 

ですが、それを乗り越え、喜びに変えていくためにすべての人にホルモン=オキシトシンが分泌できるよう備わっているといいます。
 

 

 

いのちのはじまり〜誕生・成長の場面で大切な役割を担うこのオキシトシンに注目して、

いのちの神秘さ、いのちの大切さ、自分のいのち・身体の力強さをあらためて感じてみませんか?
 

 

 

孤独感や、行き詰まり感、あらゆることから実はオキシトシンが解放してくれるかもしれません。

 

 

 

いのちってすごい!

身体ってすごい!

そして、幸せホルモン=オキシトシンってすごい!
 

 

 

いのちの現場で働いている助産師さんのお話、

聞いてみませんか?

 

 

 

 

お申し込みは sou@marru.net へ

 

タイトルに「いのちのお話会」と書き、

文面にお名前、連絡のつく携帯番号をお書き添えの上、送信してください。

 

受付後、平日営業日にマアルから返信します。

1週間近く経っても返信が無い場合、お電話でご確認ください。

携帯からお申し込みのかたは、sou@marru.netからのメールを受信できる状態にしておいてください。

 

お子様づれの方は、年齢をお書き添えください。

-----

 

毎月「添うの場」へお越しくださっている助産師さんお二人がお話をしてくださいます。
わたしもとても楽しみです。

 

 

山口先生のお話会、春のテーマも最高でした!

志庵鍼灸院 山口先生による

「悠久の歴史をもつ東洋医学の観点から、現代を生きる皆さんへ今、伝えたいこと」のお話会。
 
本日は、春のテーマ 
『様々な困難を乗り越え、心身ともに人生を謳歌する』でした。

 
今回も、ご参加の皆さま、先生のお話にどんどん引き込まれ、
 
頷き、笑い、納得し、笑い、
 
帰る頃には一面のお花畑のよう。

 
相当な免疫力アップ効果があったかと思われます。

 
自然界の計らい、すごいですね!!

 
ご参加の皆さまがホッとして、締め付けや固定観念から解放され、どんどん巡り始め笑顔になっていく。
 
そう!この感じ!!
この感じが大好きだ—!と今回もみなさまを眺めていて改めて思いました。
 
マアルの肌着づくりと全く同じ、素souという場づくり。
 
女性が元気だと社会もほがらかに元気になりますね。
 
一緒に健やかになっていこう!
そんな熱い気持ちがいっぱい湧いてきました。

今日、ご参加くださった方々に、ささやかですがお花のプレゼントを。
 
本当は今日、ご事情によりやむなくキャンセルされた方々にもお渡ししたい気持ちでした。
キャンセルメールのやり取りでも、いつもお客様は暖かいお言葉を添えてくださいます。
自分は今回行けないけど、ご参加の方々が素晴らしい時間を過ごせますように!とか。優しい方々ばかりでいつも感動します。

複数のキャンセル待ちの方々が繰り上がり、これも自然の計らいか、定員40人満席でした。

 
明日3月8日は国際女性デー。
 
女性の生き方を考える日。
 
今日の山口先生のお話、ぴったりでしたね!
いろんなことがあるけれども、心身ともに謳歌してまいりましょう!


 

歩く漕ぐ進む

広島にいるときは、いつもそうだが生産と素イベントの手配や段取りが山のようにある。

昨日も今日も、一体何十人の人とメールを交わし、何人の人たちと話したかな、、、

 

 

そのどれもが、

数日後、数週間後、数ヶ月後にお披露目になる。

 

お客様が喜んでくださる顔が浮かぶ。

 

そして何と言っても私自身が身に付けたい、聞きたい、参加したい。むぐぐぐぐーーー楽しみ!!!

 

 

 

 

そんなことに囲まれて日々過ごしているから、

帰宅して数分だけ覗き見るニュースで、

 

世間とのズレを感じる。

朝の支度の合間に流れているニュースにも、ため息がでる。

 

ワイドショーを見ていると、眉間のシワが深くなる。

 

---

暇を持て余している次女にありったけの家事を託し(助かる)、いざ素へ。

 

 

自転車を漕ぐ。

ちょっとテンションの上がるamazon primeのメドレーをイアホンで突っ込む。

 

2分くらい遠回りして、お城と公園を通過する。

 

店の花の水を変える。

お店にいらしたお客様と会話を楽しむ。

 

1着あたりの用尺を計算する。

未だによくわからない決算書を眺めてみる。

 

いつも通りの3月。

 

素の窓から見える桜も、あと数週間で開くでしょう。

 

 

 

今、できることは、いつも通り。

こつこつと、下準備。わくわくと、下準備。

 

 

 

#marruの日々

#お楽しみがたくさん控えているよ